ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

平井 大、全国ツアーファイナルでカバーアルバム11月発売&アコースティックツアー開催発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

平井 大が、9月10日に全国ツアー「Dai Hirai Tour2016〜Life is Beautiful」ファイナル公演を、東京・昭和女子大学 人見記念講堂で行った。

同ツアーはアルバム「Life is Beautiful」をひっさげ、自身最大規模の全13公演を開催。各所ソールドアウトと大盛況となり、初の単独ホール公演となった人見記念講堂も満員に埋め尽くされた。

オープニング曲は、ニューアルバムのリード曲「Faraway」からスタート。続けて「Summer Queen」をトロピカルアレンジで披露。ロックンロールナンバー「Call me the breeze」「Kiss Me Baby」で会場のボルテージをさらに上げた。

「Surf Time」では途中、ウクレレからエレキギターに持ち替える。ジャックスCM曲でお馴染みの「A Good Day」を挟み、「tonight」のイントロでは歓声があがる。しっとりとした雰囲気の中、インストナンバー「Locals Only」ではお馴染みのバンドメンバーを紹介、最後は平井のウクレレソロで締めた。

「祈り花」を挟み、今度はアコースティックギターに持ち替え「大切な人を想って聞いてほしい。」と告げ、「Stay by my side」を披露。裏打ちリズムの「I’m yours」「Island Girl」でピースな雰囲気に包まれ、そのまま「Slow & Easy」で会場のボルテージは最高潮に達した。

「Everything is music」では、ウクレレを弾いているとは思えない超絶プレイで観客を魅了。ラストナンバーの前に、平井から11月にカバーミニアルバムをリリースすること、そしてアコースティックライブツアーを開催することを発表。さらに、アルバムにはサーフロック界のレジェンド・ドノヴァン・フランケンレイターとの共演も発表された。

最後は今夏、ハウスジャワカレーのCMで話題となったアルバムタイトル曲「Life is Beautiful」のフレーズを皆で大合唱し締めくくった。

アンコールが鳴り止まないなか、再び平井が一人で登場。「僕がシンガーソングライターになる際、最初に作った曲です」と伝え「ONE LOVE〜Pacific Harmony〜」を弾き語りで披露。再びバンドメンバーを呼び、「Knockin’ On Heaven’s Door」で再度ピースな空気を作り、アンコールの最後には「また逢う日まで」でライブを終了した。

<セットリスト>
1.Faraway
2.Summer Queen
3.Call me the breeze
4.Kiss Me Baby
5.Surf Time
6.A Good Day
7.tonight
8.Locals Only
9.祈り花
10.Stay by my side
11. Change The World
12. Stay
13. I’m yours
14. Island Girl
15. Slow & Easy
16. See you at the ocean
17. Everything is music
18. Life is Beautiful
EN1. ONE LOVE〜Pacific Harmony〜
EN2. Knockin’ On Heaven’s Door
EN3. また逢う日まで

リリース情報
カヴァー・アルバム「Love is Beautiful」
2016年11月9日発売
AVCD-93512 1,944円+税

ツアー情報
「平井 大 Premium Acoustic Tour 〜Love is Beautiful〜」
11月11日(金) 大阪・Billboard Live OSAKA
11月12日(土) 愛知・Blue Note NAGOYA
12月3日(土) 神奈川・Motion Blue YOKOHAMA
12月4日(日) 神奈川・Motion Blue YOKOHAMA
12月17日(土) 福岡・FUKUOKA Gate’s7
12月26日(月) 東京・COTTON CLUB
12月30日(金) 東京・Billboard Live TOKYO

関連リンク

平井 大 オフィシャルサイトhttp://hiraidai.jp/
平井 大 Facebookhttps://www.facebook.com/ISLANDreamCoLtd
平井 大 Twitterhttps://twitter.com/hiraidai

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP