ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Aimer、メジャーデビュー5周年記念イベントにandrop内澤が登場&新曲「カタオモイ」初披露も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月21日にニュー・アルバム『daydream』をリリースするAimerが、9月11日にメジャーデビュー5周年を記念したイベントを都内某所で開催した。

 この秋からスタートさせる東京国際フォーラムホールAを含む、初の全国ホールツアーがすでに全公演ソールドアウトとなっている中、今回のメジャーデビュー5周年記念イベントには、Aimerのファンクラブ<Blanc et Noir>の会員から抽選でわずか計400名のみが招待された。

 イベントでは、5年間を振り返るトークコーナーを挟みつつ、キーボードのみのシンプルな編成でのライブも披露。イベント終盤では、サプライズゲストとしてニュー・アルバム『daydream』に参加したandropの内澤崇仁が登場。内澤はギター&コーラスでジョインする形で、自身が楽曲提供・プロデュースを手掛けた新曲「カタオモイ」を初パフォーマンス。会場からはこの日一番の大きな拍手と歓声が沸き起こった。

 Aimerは、このほかに最新シングル「蝶々結び」や、ニュー・アルバム収録の「ninelie」を披露。最後はファンからのリクエストに応える形でデビュー曲「六等星の夜」を披露し、5周年記念イベントは感動的に幕を閉じた。

 なお、今回披露された新曲「カタオモイ」のミュージック・ビデオが、イベント終了とともにAimer Official YouTube Channelにて公開。同ビデオには、Aimerとともに内澤崇仁も出演している。

◎リリース情報
Aimer new album『daydream』
2016/9/21(水)Release
[初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)] SECL1983-4 / 4,600円(tax in.)
[初回生産限定盤B(CD+DVD)] SECL1985-6 / 3,600円(tax in.)
[通常盤(CD only)] SECL1987 / 3,000円(tax in.)
収録内容:
<CD>
M01「insane dream」※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供・プロデュース
M02「ninelie」with chelly(EGOIST)※澤野弘之 楽曲提供・プロデュース
M03「twoface」※内澤崇仁(androp)楽曲提供・プロデュース
M04「Higher Ground」※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供
M05「for ロンリー」with 阿部真央
M06「蝶々結び」※野田洋次郎(RADWIMPS)楽曲提供・プロデュース/ギター&コーラス:ハナレグミ
M07「カタオモイ」※内澤崇仁(androp)楽曲提供・プロデュース
M08「Hz(ルビ:ヘルツ、zに横線が正式表記)」※スキマスイッチ楽曲提供・プロデュース
M09「声色」※TK(凛として時雨)楽曲提供・プロデュース
M10「closer」※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供・プロデュース
M11「Falling Alone」※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供・プロデュース
M12「us」※TK(凛として時雨)楽曲提供・プロデュース
M13「Stars in the rain」※Taka(ONE OK ROCK)楽曲提供
<Blu-ray/DVD>
・MUSIC VIDEO
・【Aimer Live Tour“DAWN”】ライブ映像 ※Blu-rayのみ収録
・BONUS TRACK『甲鉄城のカバネリ』SPECIAL ENDING MOVIE

◎ツアー情報
『Aimer Hall Tour 2016 ~like a daydream~』
09月21日(水)埼玉県 三郷市文化会館
09月24日(土)広島県 JMSアステールプラザ 大ホール
09月25日(日)兵庫県 神戸国際会館こくさいホール
10月02日(日)新潟県 新潟市民芸術文化会館・劇場
10月08日(土)福岡県 福岡国際会議場メインホール
10月10日(月・祝)宮城県 仙台・電力ホール
10月16日(日)北海道 札幌・道新ホール
10月28日(金)大阪府 オリックス劇場
10月30日(日)愛知県 日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
11月06日(日)東京都 東京国際フォーラム ホールA

関連記事リンク(外部サイト)

『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』主題歌集に澤野弘之/Aimerらのライブ音源&歴代ガンダム主題歌
豪華コラボや『Mステ』出演で話題のAimer 新曲がTVアニメ『夏目友人帳 伍』EDテーマに決定
Aimer 多数アーティストが楽曲提供した新アルバム『daydream』発売決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP