体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夜の本気ダンス、メンバー町田建人が脱退表明、「自分の夢に向かって進む道を選ぶことにしました」

夜の本気ダンス、メンバー町田建人が脱退表明、「自分の夢に向かって進む道を選ぶことにしました」

 今年3月にメジャーデビューを果たして以来、全国の夏フェスなど様々なイベントに出演し、その都度全国のロックリスナーを踊り狂わせてきた、夜の本気ダンスの結成当初からオリジナルメンバーであるギタリスト、町田建人がこの度、夜の本気ダンスからの脱退を表明したことが明らかになった。

 バンド結成は2008年。今年で結成8年目となる夜の本気ダンスは、地道なインディーズでの活動を経て今年メジャーデビュー。“ロックで踊らせる”という命題のもと、会場の大きさを問わず、あくまでもライブ現場でお客さんと音を共有することで話題が話題を呼び、現在もその勢いは拡大し続けている。まさにこれからという時に、ファンにとっては残念なニュースが飛び込んできてしまった。

 結成された当時の夜の本気ダンスは、現メンバー鈴鹿秋斗(Drs)と町田建人(Gt)に加えて、既に脱退しているヴォーカリストとベーシストの4名で活動していた。その後メンバー交代を経て、米田貴紀(Vo/Gt)とマイケル(Ba)が加入し現在の形となった。故に、バンド結成当初から所属しているメンバーは今後、鈴鹿のみとなる。

 町田が脱退の意思をメンバーやスタッフに告げたのは数か月前にさかのぼる。それ以降、幾度にも亘り話し合いを重ね、本人の意思を確認してきた。しかし彼の脱退への意思は固く、本日の発表に至った。

 9月23日に予定されている【J-WAVE”THE KINGS PLACE” LIVE Vol.11】を最後に町田は夜の本気ダンスを脱退することになる。今後予定されている9月17日【Getting Better 20th Anniversary Party”ROCK THE BEST TOUR”】(名古屋)、9月18日【KANSAI LOVERS 2016】(大阪)、9月19日【TOKYO CALLING 2016】(東京)、9月23日【J-WAVE”THE KINGS PLACE” LIVE Vol.11】(東京)の4公演については、今まで通り町田がステージに立つ予定だ。脱退理由について以下本人のコメント、そしてメンバーからもコメントが到着。

 また、町田脱退後の夜の本気ダンスは、新たなギタリストを迎えて新体制で活動することも決定おり、新ギタリストについてはまた後日、オフィシャルに発表されることが予定されている。

◎町田 建人からのコメント
―「突然の報告になってしまってすみません。私、町田建人は9月23日のライブを持ちまして夜の本気ダンスを脱退します。バンド結成以来、今まで僕なりに楽しみながら、頑張って走ってきました。でも最近、「僕が子供のころから抱いている、もう一つの夢をかなえたい」という気持ちが徐々に大きくなってきていて、どうしたら良いのかずっと悩んでいました。バンドにとって今が頑張り時なのに、自分の気持ちに折り合いをつけられないまま活動を続ける事は、メンバーを含めてファンの皆さんに対しても絶対にするべきで無いと思いました。そこで自分なりにたくさん考え抜いた結果、自分の夢に向かって進む道を選ぶことにしました。こういった僕の思いをメンバーに伝えて以来、メンバーやスタッフとは何度も話し合いましたが、全員飽きる事無く、僕の話を真剣に聞いてくれました。そして最後には、迷う僕の背中を強く押してくれました。
まさか人前に出るのが苦手な僕が、人前に出てギターを弾いているなんて、未だによくわからない状況です笑。だけど、貴重な経験をさせてくれた皆さん、メンバーとの出会いは、感謝してもしきれません。身勝手な行動で色々な人に迷惑を掛けてしまってすみません。これからは一人のリスナー、ゲーム友達として、夜の本気ダンスを応援していきます。もっともっと高くはばたいて、夜の本気ダンスの音楽が、もっと沢山の人に愛されますように!そしてその流れに関われた事が本当に誇りです。短い間でしたがありがとうございました!」 (夜の本気ダンス / 町田 建人)

◎バンドメンバーからのコメント
米田 貴紀(Vo/Gt)
―夜の本気ダンスからギターの町田健人が脱退する事となりました。バンドを脱退したいと告げられてから僕たちで何度も考え直して欲しいと説得をしたのですが、けんけんの決意は非常に固く、これ以上の説得は彼の為にもバンドの為にも良くないと思ったので、止むを得ず彼の意向を尊重するという選択をしました。けんけんとは高校時代に知り合い、約7年間ずっと一緒のバンドをやってきた仲なのでこういった結果になってしまったのはもちろん悲しいですし、ここでバンドを辞めてしまうという決断を彼がした事が正直残念でなりません。
残念ですけどしょうがないです、、、まさか今??って感じがけんけんらしいっちゃらしいですし、、、笑
でも、夜の本気ダンスはこんな所で足を止めるつもりはありません。まだ駆け出したばかりです。僕自身まだまだオレたちこんなもんじゃない、もっと成長してロックを楽しみたい!と思ってるのでそこらへんは安心してください。とりあえず、第二のジョンソンと僕の音楽の旅はここで終わります。今まで本当楽しかったよ!ありがとう。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。