ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由

デジタル簡易無線の第2世代機における最新トップモデルが、JVCケンウッドの「TPZ-D553」。5W機ながらもコンパクトボディを実現しています。そんなTPZ-D553の小型化の秘密は内部の1枚基板設計です。デジタル簡易無線が1枚基板に集約できた理由を開発チームに聞きました。

デジタル簡易無線は機能に制限

TPZ-D553の特徴は、分解するとわかる1枚の基板に集約された部品配置です。基板1枚のコンパクトな設計は、どんなところを工夫したのでしょうか。「とてもシンプルな基板で、見た目にも大きな部品が減っています」と話します。

「セラミックフィルターなどがありません。それらの部品はIC化しました。フィルター、アンプ、復調器などIF(Intermediate Frequency:中間周波数)系の機能がICに入っています」とのことです。

「回路機構として1番大きな部分がIC化されたことで、トータルで1/3くらいの部品点数で済みました。デジタル簡易無線登録局機は機能に制限があるので、小さなICでも十分処理できる」というわけです。

デジタル簡易無線の送受信周波数

デジタル簡易無線登録局の送受信周波数帯も、1枚基板に影響を与えています。「業務機は送受信の周波数範囲が広いので、VCO(Voltage Controlled Oscillator:電圧制御発振器)を送信系と受信系に分ける」のが通常です。

しかし「デジタル簡易無線登録局機は送受信周波数が351MHz内と狭いため、送信系と受信系のVCOを1つにまとめました」といいます。

また「業務機の場合、送信周波数とローカル周波数の差が100MHzくらいあります。デジタル簡易無線登録局機は50MHzくらいなので、VCOも1つで済むのです。ここでも部品は3割ほど減らしています」と話します。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。