ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『アンダーワールド』最新作、ケイト・ベッキンセイルが再演するトレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫


米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント傘下のスクリーン・ジェムズが手掛けるホラー・アクション映画『アンダーワールド』シリーズの5作目となる映画『Underworld: Blood Wars(原題)』のトレーラーが公開された。

ケイト・ベッキンセイルが吸血鬼に対峙する女戦士セリーン役で、テオ・ジェームズ演じるデヴィッドと共に同シリーズに戻ってくる。

『Underworld: Blood Wars(原題)』は、同シリーズの前日譚となる3作目の映画『アンダーワールド:ビギンズ』とは異なり、真の続編となるようだ。

トレーラーの前半は、実際には、新しい映像ではなくこれまでの作品シーンから構成されたフラッシュバック映像だ。その後、ライカン族(狼男)とヴァンパイア族の戦いはなお続いているが(他に何か新しい展開でもあるのか?)、タイトルが示す通り、セリーンの血が今回の勝利を左右する鍵となるという『Underworld: Blood Wars(原題)』の前提を知ることになる。

セリーンは、2003年の初登場以来、変わっていないように見える。『Underworld: Blood Wars(原題)』は、新しい監督として、初の女性監督アンナ・フォースターを迎えたにも関わらず(同作は彼女の初の長編映画監督作となる)、黒革のビスチェにオーバーコート、モノクロの撮影スタイルもそのままだ。

トレーラーの後半では、髪に白いブロンドのハイライトを入れ、ファーコート(この毛皮がライカンなのか、あるいは他の動物のものなのかは定かではない)を身に着けた異なる姿のセリーンが登場する。『Underworld: Blood Wars(原題)』は、2017年1月6日に米劇場公開となる。下記よりトレーラーが視聴できる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP