体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

息子11ヶ月で、念願の初対面! 日本のおじいちゃんおばあちゃんがオランダにやってきた

f:id:akasuguedi:20160911081941j:plain

私はオランダに住んでいます。日本へ帰りたい気持ちは山々ですが、2年半ほど帰っていません。

理由は、妊娠がわかったからです。妊娠中に万が一のことがあっては大変なので、日本へ行くのは我慢していました。

そして出産後も息子が小さいので、11時間のフライトは厳しいと思い、現在に至ります。 関連記事:いつから乗れる?パスポートは?日本での里帰り出産を終え、2ヶ月の娘と海外へ!

こちらで出産する日本人の中には、日本からお母さんがオランダに来てくれて産後のお世話をしてくれたり、赤ちゃんの面倒を見てくれたり、おいしい手料理を作ってくれたりするようです。

オランダにいながら「里帰り出産」をしているようで、耳にする度にうらやましいと思っていました。

私が妊娠する以前、その話を母にすると、「赤ちゃんが生まれたらオランダに行きますよ」と言ってくれました。

しかし、いざ妊娠すると「お父さんの仕事が忙しくて休みが3日くらいしか取れないので、出産前後には行けません。来年お父さんが退職するので、その時オランダに行きます。それまでは、オランダのやり方でがんばってね」と言われてしまいました。

私にとっては初めての出産。不安なこともたくさんあり、母がそばにいたらどんなに心強いだろうと思っていたので、正直ショックでした。

いくら父の仕事が忙しくたって、赤ちゃんの顔を見に来るって約束したのに…。そう思うと、涙が出ました。

主人は、「お母さんに来てもらえないのでさみしい気持ちもわかるけど、3日だけじゃ、オランダに来てすぐに帰るだけじゃない?飛行機代ももったいないし、来年長く来てもらったほうが、お父さんもお母さんも、僕達も、それに赤ちゃんだってきっと楽しいよ。

それに赤ちゃんも生まれてから大きくなってるから、いろんな所に一緒に行けるしね」と言いました。

主人の言っていることは論理的にはわかるのだけど、すっと心の中に入っていかないのです。妊娠中だったので、頭の中は出産のことばかりでしたから、仕方なかったかもしれません。

結局、両親は日本から来なかったので、私は、オランダ人と同じように産後を過ごしました。

産後の疲れきった体でキッチンに立ち、自分で食べたい日本食を作りました。「料理をする時間に、体を休められたらどんなに楽だろう」。そんなことを思いながら、来てくれない母を残念に思いました。 関連記事:いざというとき頼りになるのはやっぱり実の親。遠方から来て尽くしてくれる母に感謝

息子が生まれてからも、母とは毎週テレビ電話で連絡を取りました。

起きている時には息子の姿を見せることもありました。「かわいいねー、いい子だね」と言う母。でも、母が実際に息子を抱っこすることはできません。息子もスクリーンに映るおばあちゃんを不思議そうに見つめていました。

月日は過ぎて、ついに日本の両親がオランダへ来る日がやって来ました。

11ヶ月になる息子は、初めておじいちゃん、おばあちゃんと会います。どんな反応をするのか、楽しみでした。

1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会