体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

子供連れで遺跡ツアーに参加するとき、覚えておきたい3つのこと

子供連れで遺跡ツアーに参加するとき、覚えておきたい3つのこと
https://www.compathy.net/tripnotes/24199#episode-253715

Photo by: Seina Morisako「ジョクジャカルタで遺跡ツアー

こんにちは。Compathy MagazineライターのSeinaです。
私は先日家族とインドネシアに出かけました。自由時間に遺跡巡りツアーに参加したのですが、10歳の子供と一緒ということでいろいろと下調べをしました。インドネシアやタイなど、東南アジアで遺跡巡りを家族で参加する際、どんなことに注意しておくとより楽しめるのでしょうか?

遺跡巡りは、子供には暑い

今回訪れたインドネシアのジョグジャカルタはボルブドール遺跡など、世界的にも有名な遺跡が数多くあります。それらの遺跡を観光する際、基本的には宿泊しているホテルにガイドさんが迎えに来て、専用の車に乗って出かけることがほとんどでしょう。

「車で出かけるのなら楽じゃん!」と感じますが、実際はそうでもありません。インドネシアは非常に激しい交通渋滞があり、なかなか簡単に移動することができないのです。

トイレは行ける時に必ずいきましょう。途中どこかでトイレに寄るのは意外と簡単なことではありません。ティッシュやトイレットペーパーを持参するのも忘れずに!

そしてお子さんには、常温での水分補給の重要性を事前に伝えましょう。お子さんは遺跡の界隈で配られる水が冷えていないことに不満を抱くかもしれませんが、常温のほうが早く体力を回復できると言われています。
https://www.compathy.net/tripnotes/24199#episode-253722

Photo by: Seina Morisako「ジョクジャカルタで遺跡ツアー

遺跡巡りは、子供でも歩く

遺跡巡りツアーは驚くほど歩きます。アップダウンも多く、石畳を歩くことも多いです。かなりの体力を使います。暑い東南アジアだとサンダルや草履で過ごすお子さんも多いかもしれませんが、歩き慣れた靴でないと非常に疲れます。

運動靴は歩きやすいかもしれませんが、東南アジアは非常に暑く、スコールなどに遭遇するケースがあるので、もしもの時のために替えの靴下を用意してあげてください。
https://www.compathy.net/tripnotes/24199#episode-253729

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会