ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリーメイソン 「昇級」に必要なこととは何か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今日まで、その“謎めいた組織”は様々に語られてきた。曰く、「世界を牛耳る陰謀組織」「日本や世界の歴史を動かした」「秘密の儀式を行っている」等々……。怪しげな言説に彩られた「フリーメイソン」の実態に迫るべく、日本にある15のロッジ(拠点)を束ねる総本部「日本グランドロッジ」(東京都港区芝公園)に足を踏み入れた。そして日本グランドロッジを主宰する第60代グランドマスターの猪俣典弘氏とグランドセクレタリー(事務局長)のフィリップ・A・アンブローズ氏に疑問をぶつけた。

 フリーメイソンで常に囁かれるのが「謎のベールに包まれた秘密の儀式」だ。

──「秘密の儀式」があるとか。

猪俣氏:メンバーになると「参入の儀式」、階級が上がると「昇級の儀式」が行われます。儀式は石工にまつわるシンボルなどを使って寓意的・象徴的に行いますが、詳細は非公開です。

〈日本グランドロッジの資料によると、「直角定規やコンパスなどの道具を以て正直さ、思慮、節度」を表すとされており、これらの道具を使うか、それに見立てた何らかの行動を儀式としているとみられる。〉

猪俣氏:昇級には「教義の暗誦」が課されます。教義は石工技術などに関するもので文字化されておらず、近代になり暗号のような形で伝承された。これを自分のメンター(師匠)から引き継ぎ、後輩に伝えることがメイソンの伝統。私は平日にロッジに呼び出され、師匠から「これを覚えなさい」と英語でバッと言われて驚きました。

アンブローズ氏:徒弟から職人に昇級するにはA4用紙換算で30頁ほどの教義を学び、うち4頁ほど暗誦する必要があります。

※SAPIO2016年10月号

【関連記事】
「秘密のある結社」フリーメイソンは震災支援も行う
東京タワー近くのフリーメイソン日本総本部に潜入
フリーメイソン 安倍内閣にもメンバーがいた

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP