体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旬の味覚満載♪梨、ぶどう…フルーツ狩りが楽しめる農園【福岡編】

旬の味覚満載♪梨、ぶどう…フルーツ狩りが楽しめる農園【福岡編】 中野果実園

暑さもだんだんと和らぎ、これからの季節の鉄板レジャーといえば…「旬の味覚狩り」ですよね♪

特に秋は様々なフルーツが続々と旬を迎えます。

今回は、福岡でフルーツ狩りが楽しめる農園をご紹介します!

品種豊富で味比べもも楽しい葡萄や、有機栽培の柿、糖度18度以上の甘~いいちじくなど、個性豊かな収穫体験が楽しめるスポットをピックアップ。

ファミリーやカップル…同行者を問わず楽しめる味覚狩りで、この時期ならではのレジャー&グルメを満喫しましょう♪

中野果実園【久留米市】

黒・白・赤のカラフルぶどう全48品種と驚きのラインナップ!

中野果実園1カ所で黒、白、赤系のいろんなぶどうが狩れる畑もあり

味比べしてください

中野果実園「いつ来てもだいたい10品種は狩れます」と中野さん

ぶどう栽培に最適な水はけのよい火山灰土の大地、さらに「いろんなぶどうを作ってみたい」というオーナー中野さんのチャレンジ精神が、和洋のぶどう全48品種を育む。そのうち、常時10~15品種のぶどう狩りができる。そのおいしさは果物大国・シンガポールの前副大統領も訪れるほど。

おすすめBEST3

●竜宝(りゅうほう)【~9月上旬】

赤系のぶどう。果皮が剥きやすく果肉もやわらか

●巨峰【~9月末】

田主丸を代表する黒系ぶどう。中野果実園は種あり

●ピッテロビアンコ【~9月末】

皮のまま食べられるイタリア原産の白系ぶどう

フルーツ狩りDATA

■狩れるフルーツ/ぶどう

■品種/巨峰、シナノスマイル、ロザリオロッソなど48種

■収穫時期/開催中~9月末

■持ち帰り料金/巨峰1㎏1200円 中野果実園

TEL/0943-72-2967 090-2501-7879

住所/福岡県久留米市田主丸町石垣343

営業時間/8時~18時

定休日/8月13~15日

アクセス/大分道朝倉ICより20分

駐車場/20台

「中野果実園」の詳細はこちら

※入園・入場無料

※予約不要

※試食有り

※飲食店無し

※お土産販売の有り

右田果樹園【久留米市】

ジャンボ柿を含む6品種が実るフルーツ狩りの元祖。

右田果樹園子どもも取りやすいように、枝をできるだけ低く横に延ばしている 右田果樹園ぶどう畑やワイン工場が並ぶ山苞(やまづと)の道沿いにあり

樹齢80年ですが、まだまだ現役

右田果樹園「身障者にも優しい低木の柿狩りを計画中」と右田さん

樹齢350年の柿の大木「元山」に見守られ、4代にわたり減農薬、有機栽培で柿を育てる右田家。実はお客さんを農園に呼ぶ「フルーツ狩り」は、今から50年前にここから始まり、広まったとか。10月中旬のジャンボ柿「太秋」や11月上旬の「富有柿」など、深まる秋に沿って6品種が登場。

おすすめBEST3

●西村早生(にしむらわせ)【9月中旬】

割ると“ゴマ”と呼ばれる斑点が。さっぱりとした甘み

●太秋(たいしゅう)【10月中旬】

重さが350g前後と通常の柿の3個分。果汁たっぷり

●富有柿(ふゆうがき)【11月上旬~12月上旬】

丸みを帯びた四角。柔らかい果肉と甘みが特徴

フルーツ狩りDATA

■狩れるフルーツ/柿

■品種/富有柿など6種

■収穫時期/9月下旬~12月上旬

■持ち帰り料金/1㎏800円~ 右田果樹園

TEL/0943-72-2729 080-3341-7275

住所/福岡県久留米市田主丸町地徳3024

営業時間/9時~17時

定休日/なし

アクセス/大分道朝倉ICより20分

駐車場/20台

「右田果樹園」の詳細はこちら

※入園・入場無料

※予約不要

※試食有り

※飲食店有り

※お土産販売有り

峰石園【久留米市】

巨峰作りの翁が成功させた完熟極甘の「山ぶどう」。

峰石園見た目は巨峰だが、サイズは少し小さめ

巨峰との味比べもOK!

峰石園9月中旬~下旬では園内の売店に巨峰と山ぶどうの両方が並ぶよ 峰石園9月中旬~下旬では園内の売店に巨峰と山ぶどうの両方が並ぶよ
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。