体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

俳優・大倉孝二が「うんざりするくらい下手」なこと

俳優・大倉孝二が「うんざりするくらい下手」なこと
J-WAVE土曜18時からの番組「SAPPORO BEER OTOAJITO」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。9月10日のゲストは、個性派俳優として人気の大倉孝二さん。お酒が大好きだそうで「(1年のうち)364日くらいは飲んでます」と話す大倉さんと、ビールを飲みながら音楽にまつわるお話を展開しました。

大倉さんは東京の立川市出身。どんなお子さんだったか聞いてみると「特別面白みのある子どもでもなかったと思うんですけども…。そんなに前にガンガン出て行くタイプではないんですが、隣とか後ろ辺りまでを少し笑わせるような…」と答えてくれました。

そんな大倉さんが初めて買ったCDは、ザ・タイマーズのファーストアルバムだったそう。「デイ・ドリーム・ビリーバー」が入っていたことで購入したそうですが「RCサクセションとかは何となくは知ってて、アルバムはこの曲からは想像できないくらい激しい内容でしたが、それがまたたまらなくて」と当時を思い出す大倉さん。

「なんか…“パンク”っていうものを、ちゃんとわかってはいなかったですけど、『言いたいことを言っていいんだな』ってことは、うっすらとわかった気がしますね。『嫌なものは嫌だ。違う』と言っていいんだ、って」と続けてくれました。

「絶対的に『音楽』というものは自分の形成には影響を及ぼしている」とも話す大倉さん。中学3年か高校1年生の頃にはTHE BLUE HEARTSのコピーバンドに誘われたそうですが、毎回遅刻したため、あっという間にクビになってしまったのだとか。そのため、いまだにギターを弾けず、今になってギターを習得する計画をしているそうですが、「うんざりするくらい下手」なのだそう(笑)。

大倉さんは脚本・演出も手がけられているため、「自分がギターを弾く役どころを、自分で書いちゃえばいいじゃないですか」と提案するクリスですが、「それでイヤっていうほど痛い目に遭ってるんです」と何度も挫折したことを明かしてくれました(笑)。

クリスとのトークを終え、大倉さんは「音楽の話をしながら飲むのが一番好きなんで…とっても楽しかったです」と素直な感想を話してくれました。

【関連サイト】
「SAPPORO BEER OTOAJITO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/otoajito/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。