ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Blossoms『Blossoms』Interview

DATE:
  • ガジェット通信を≫

英マンチェスター地域で結成、サム・スミスやイヤーズ&イヤーズをはじめ、これまで多数の人気アーティストを輩出してきた英国のBBCが主宰する新人賞で、今年見事にリストアップされ話題を呼んでいる5人組、ブロッサムズ。2016年8月にはデビュー・アルバム『Blossoms』をリリースし、見事初登場1位を獲得!マンチェスター直系と呼ばれる、聴きなじみがよく、独特のグルーヴ感のある音、さらにヴォーカルのトムのどこか哀愁を帯びた声が話題を巻き起こしている。日本でも、先日のサマーソニックで2度目の来日パフォーマンスを敢行。マンチェスター直系と呼ばれる音とは異なる、キレ味鋭いサウンドで、会場を魅了させた。

──サマソニのステージはどうでしたか? 今回が初来日?

トム・オグデン(Vo、以下トム)「いや、二度目だよ。2015年の4月に来たんだ。(あの時も、今回も)最高だったよ。日本のオーディエンスは世界の中でもオレたちのお気に入りなんだ」

──前回のショーと今回のサマソニで違いはありますか?

ジョシュ・デューハースト(G、以下ジョシュ)「前回よりも沢山の曲をプレイしてきたことが大きいね。だから前回とセットリストの内容が全然違うんだ。それにアルバムもリリースされたし、収録曲を皆の前でプレイできたのが楽しかった」

──アルバム『Blossoms』が先日リリースされ、見事全英チャート1位に。今の気分は?

チャーリー・ソルト(B、チャーリー)「世界の頂点にいる感じ!(笑)ロッキーみたいな気分だよ。オレたち、シルヴェスター・スタローンなんだ(笑)」

──なぜ、そこまで多くの人に受け入れられたと思いますか?

ジョー・ドノヴァン(Dr、ジョー)「オレたちのアルバムはポップだからね。ポップ=ポピュラー(人気)ミュージックだから」

トム「オレたちの音楽は偽物ではなくて、全て自分たちの本当の気持ちで出来ているんだ。そこに、皆が繋がりを感じてくれたんじゃないかな。自分たちが作りたい音楽を素直に作っているのがオレたちだから。それを皆が気に入ってくれるってことは、オレたちにとってはボーナスみたいなものなんだ」

──このアルバムのハイライトはどこだと思います?

トム「オレは’Deep Grass’だと思う。途中でブレイクダウンがあって、ジョーのドラムとマイルスのキーボードが入ってくる。アルバムの最後を飾る曲だし、曲の中に落ちて行くような感覚になる曲だと思うね。あと、’Honey Sweet’も好き」

ジョー「オレのお気に入りは’Blown Rose’。本当に良い曲で、上手く書かれている。それは聴くのが好きなトラックなんだけど、演奏するなら’Deep Grass’だな。本当に催眠術みたいな曲なんだ」

マイルス・ケロック(Key、以下マイルス)「そうだな…オレは’Smashed Pianos’が好きかな。とにかく良いトラックだから(笑)」

チャーリー「オレは’At Most a Kiss’。あの曲は大好き。演奏していても楽しいよ」

ジョシュ「オレは皆の意見の間だな。’At Most a Kiss’か’Deep Grass’。でもアルバム全体を誇りに思っているよ。特に’Deep Grass’では、あの壮大なギター・ソロが最高だと思うね(笑)プレイしていて楽しいし」

──ところで、マンチェスター出身でしたよね?

全員「ストックポート!!(笑)」

──あ、失礼……(笑)。

トム「マンチェスターとすごく近いけどね」

──どう違うんですか?

ジョシュ「マンチェスターより小さい(笑)」

──マンチェスターの音楽シーンとストックポートの音楽シーンは何が違うと思いますか?

トム「あまり違いはないよ。ストックポートにはあまり音楽シーンがないからね。オレたちもギグをやる時はマンチェスターでやっていたから、自分たちが属していた音楽シーンを考える時はマンチェスターも含まれると思う。でも、オレたちってあまりシーンのことは気にしてないんだ。自分たちがやりたいことをやっているだけ。いつも自分たちだけのゾーンにいるんだよ。敢えて言うなら、アンダーグラウンド・シーンかな」

──デビュー盤も大ヒットして既にビッグなバンドになったわけですが、今後どのようなバンドに成長していきたいですか?

トム「アークティック・モンキーズだな(笑)。彼らからはすごくインスピレーションを受けてるよ。アルバム全てが違うし、且つ彼ら独特のサウンドはそのまま残されている。それはオレたちが達成したいと思っていることなんだ。それでありつつ、長く活動していきたいね」

──アルバムはマンチェスターっぽい雰囲気が前面に出ていたけど、サマソニのパフォーマンスを観ていたら、決してそういう部分だけじゃないスリリングなグルーヴも持つバンドなんだなと感じました。確かに、アークティック・モンキーズの持っている柔軟さに共通する部分があるなって。

全員「ありがとう」

──最後に。日本のファンにメッセージをお願いします。

チャーリー「大好きだよ!」

マイルス「いつも楽しい時間を過ごさせてもらってる」

ジョシュ「オレたちのベストファンになってくれてありがとう。いつも心から歓迎してくれて、すごく嬉しいよ。また絶対に戻ってくるからね!」

Blossomsのサイン入りチェキを 1名様にプレゼントします。空メールを送信するとプレゼントに応募できます。(←クリック)ご応募お待ちしております。後日当選された方にはいただいたメールアドレス宛にNeoL編集部よりご連絡させていただきます。

 

 

photo Shuya Nakano

text  TakahisaMatsunaga

edit RyokoKuwahara

 

 

 

Blossoms

『Blossoms』

発売中

(Universal)

 

 

Blossoms

イギリスのマンチェスター南部に位置するストックポート出身。”MTV Brand New”や”iTunes/Apple Music New Artists”に選出、今年は有望新人アーティストの指標「BBC Sound of 2016」の4位に入った5人組バンド。2015年には日本のみ6曲入企画盤『Extendeadly Played』がリリースされ、来日公演も行っている。イギリスではこれまでにEP「Blown Rose」、「Charlemagne」、「At Most A Kiss」がリリースされており、アークティック・モンキーズ、デペッシュ・モード、ドアーズなど様々なバンドが引き合いに出されて評価されてきた。2016年8月、待望のデビュー・アルバム『Blossoms』がリリース、全英アルバム・チャート1位を獲得。サマーソニック2016で再来日を果たし、多くのファンを魅了した。

http://www.blossomsband.co.uk

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP