体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の「大好き!」満載の仙台へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

女性の「大好き!」満載の仙台へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選! 仙台

牛タン、ずんだ、などを筆頭に、ご当地グルメが充実している仙台。

歴史の風薫る街並みを歩けば、豊かな自然景観スポットから温泉まで、女子のココロくすぐる場所たくさん!

気心知れた友人と一緒に、女子会がてらおでかけするにはぴったりの街!

仲の良い友達と仙台の女子旅で、一生残る素敵な想い出作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

壱弐参(いろは)横丁

壱弐参(いろは)横丁

昭和の面影を色濃く残す、サンモール一番町のアーケードのほぼ真ん中に位置する「壱弐参(いろは)横町」。賃料の安さから、昔ながらの店と若者の経営するお洒落なショップが同居する通りは、ほかでは見られない異空間となっている。老若男女が行き交う、仙台の新しい観光スポットとして注目を浴びている。

常連が通う飲み屋からこだわりショップまで

\口コミ ピックアップ/

こんな、マニアックな横丁は、仙台には他にないでしょう。トイレが綺麗になりましたね。飲食店や、衣類がおすすめ。

カフェや 食堂、雑貨屋さんなどがある連鎖街です。一店一店、小さいのですが、こだわりがある いいお店作りをしています。若い人たちがオーナーさんのお店が多く、若さと元気をもらえます。 壱弐参(いろは)横丁

住所/宮城県仙台市青葉区一番町2-3-28

「壱弐参(いろは)横丁」の詳細はこちら

菓匠三全 ずんだ茶寮

菓匠三全 ずんだ茶寮

仙台名物のずんだ餅をゆっくり味わう和風喫茶

若草色の風味豊かな枝豆とお餅のハーモニーがたまらない『ずんだ餅』の専門店。喫茶スペースは26席。『抹茶ババロア』など、和風デザートを煎茶、珈琲など好きな飲み物でいただこう。テイクアウトは、カップ入りひと口サイズの『ずんだ餅ぷち』、若者に人気の『ずんだシェイク』など、おやつにもぴったり。

\口コミ ピックアップ/

仙台といったら「ずんだ」と即答する知人が来仙のおり、名所、名物の案内がてらに立ち寄りました。ふくふくとしたおもちに、甘くて豆の風味いっぱいのずんだがからんだ逸品。まさに仙台銘菓の代表格です。ダイエットも忘れて、おいしさをほおばりました。仙台が誇れる銘菓です。 菓匠三全 ずんだ茶寮

住所/宮城県仙台市青葉区中央1-1-1

「菓匠三全 ずんだ茶寮」の詳細はこちら

真助

真助

牛タン通にはたまらないのが、ここ「真助」。創業1986年、この道一筋のご主人がこだわりで選んだ、舌の奥側半分だけを使った『牛たん定食』は、塩又はたれのタン焼とテールスープ、麦飯で1360円だ。『たん焼』の単品は940円。とろけるような柔らかさが絶品で、肉の味を引き立てる塩味がおすすめ。

とにかく柔らかくて旨い牛タン専門店

\口コミ ピックアップ/

毎年この季節に『真助』さんの牛タンを食べる目的で仙台を訪れます。あるTV番組で紹介されて、今まで以上にお客さんが入る様になり、今回は外で並んで1時間待ちました。他にも牛タン屋さんは沢山ありますがやっぱり、仙台の牛タンは『真助』さんが一番です!味、柔らかさ、雰囲気、マスター始めスタッフの方々の対応、どれをとっても最高です! 来年も又行きますよ~! 真助

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。