ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ショッピングの満足感は一瞬、経験への投資は一生モノ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お金は、モノに替えるよりも経験に使うべき」。一見、当たり前に思うことほど、おざなりにされてしまいがち。経験にお金を使うことが、どれだけ人生の財産になり得るかを「I Heart Intelligence」のライターChase Holick氏が解説します。

「幸せはいくらお金を積んだって手に入らない」と、誰もが言います。それは、間違いではありません。でも、お金だって使い方次第であなたを幸せにしてくれます。

たとえば、私たちはいつも目先の満足感に浸りがちです。すでに持っているにも関わらず、目新しい商品が登場すると、クオリティの高い最新のテクノロジーを手に入れたいと思うでしょ?

最新式のスマホを買っても、性能のいいテレビを買ったとしても、手にしたときは嬉しくて幸せな気分になるもの。だけど、そうした物欲による幸せなんて、結局長続きはしないことがほとんどです。

一方で、経験はいくぶん逆の効果を発揮します。ひとたび旅に出て新しい体験をしたならば、その経験が、お金以上の価値を生むことをあなただって感じるはずです。

01.非日常のなかで新たな気付きに出会える

あなただけの体験を得るのに、ただお金をつぎ込めばいいというものでもありません。忙しい日々のなかでも時間を見つけて、たまには公園の芝生の上に寝転がったり、水辺のせせらぎを聞きながらのんびりしてみる。これだけだって大きな違い。ただ何も考えずに、あなたを取り囲む自然に心を寄せることです。

まだ、知らないかもしれませんが、自然のなかに身を置くことが、じつはあなたの人生を俯瞰して見ることができる、大いなるチャンスでもあるのです。

02.一生ものの満足感を手に入れることができる

たとえば、1,000ドルで最新型のテレビを買おうとする。それを考えるだけでワクワクするのも分かります。誰かに自慢したくなるはず。でも、その優越感も買ってから最新モデルが登場するまでの、ほんのしばらくの間だけでは?

同じだけのお金をかけて、大切な人と旅に出たり、家族旅行を楽しむとします。旅の思い出を誰かに話したくなりますよね。それが一生ものの経験ならば、なおさら。つまり、もっと長続きする満足感を得るために自分に投資するということ。そっちのほうが、この先何年にも渡って、あなた自身の大きな糧となることは言うまでもありません。

03.価値ある経験への出費は負担を感じない

旅行体験を誰かに話すとき、旅先の情景や思い出が頭に浮かんで、幸せな気持ちで満たされるでしょう。初めて訪れた場所、初めて出会った人との経験、そうしたものを誰かに「話す価値がある!」と、あなたは確信するのではないでしょうか。

これと同じ体験を、何かモノを買ったとき他人に対してできますか?最新のガジェットを手にしたからといって、そのことを誰かに伝えるのは自慢に聞こえたりして、難しいものですよね。

04.心の休息時間。日々の頑張りの糧になる

いつか結婚して新しい生活を始めるために、もしくは定年を迎え退職する日のこと考えて、誰もが生活するのに苦労しない程度のお金を蓄えておこうと努力します。といっても一年に数回は、大きな休暇を楽しみにしますよね。やっぱり、みんなその重要性を感じているからこそ、休暇をとって旅に出ようとする訳ですから。たとえそれが、週末の日帰り旅行であったとしても、もしくは1週間以上を費やす家族旅行でも。

いずれにしても、あなたの心にずっと、思い出として残ることは間違いありません。やっぱり、こうした経験はお金には換えがたいものがある。そう思いませんか?

もしも、あなたが本当に満足感の得られる人生を歩むことができて、思い出をつくり、新しい経験を積み重ねることができるなら、モノを購入することよりも何倍もの価値をあなたに与えてくれるはずです。自分の体験のためにお金と時間を使い、何があなたを幸せにしてくれるのかを真剣に考えることも良いでしょう。幸せになるためには、まずは満足感を得ることです。Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

関連記事リンク(外部サイト)

キャリアアップには、お金が必要!?モノよりも、経験にお金をかけるべき本当の理由
「モノ」ではなく「経験」にお金を使う人の方が、幸せな3つのワケ
モノを増やさない魔法!買い物前にすべき「3つの質問」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP