体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年の時を経て完成したこの施設のこだわりは、「細部のつくりまでワインの魂を表現すること」。

さて、そのこだわりとは?

博物館そのものが
ワインのカラフェ型

この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

まず注目すべきはその建築。18世紀からの伝統的な建物が並ぶ中心街からトラムに揺られること15分、ボルドーワインのぶどうの生産を支えているガロンド川沿いに、突如として現れる巨大な近代建築がワイン文明博物館だ。

天高くうねりながらせり上がっていくこの建物、刻一刻と変わる空模様や太陽の向きによって違う光り方や表情を見せてくれて、見ていて飽きることがない。設計者はワインのカラフェやガロンド川の流れをイメージしたという。

美味しいワインを飲んだときに体の中を駆け巡る躍動感(や、その年の気候やグラスの中でも味が変化するワインの面白さ)を連想する人もいるかもしれない。

ちなみに建物の中も曲線美だらけ。3000平方メートルにも及ぶ3階の展示スペースを構成する574本の木製の梁は、1本1本が異なる曲線を持っていてすべてカスタムメイドだ。

パネル展示を廃し、
ヘッドホンとタブレットで
体験と没入に特化

この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできないこの博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

展示のコンセプトは「体験型、没入型、そして直感的」。

館内には、延々と説明文が書かれたパネルはほとんど存在しない。入り口でまず渡されるのがヘッドホンとスマートフォンのような「トラベリングコンパニオン」。 その名の通り、ワインの文化を知る旅のお供になってくれる。

これを館内250カ所にあるセンサーにかざすと、各展示と連動したアトラクションが始まるようになっている。表示言語とオーディオは日本語も選択可能だ。

入り口の大きなスクリーンにはヘリコプターから見た世界有数のワイン畑の映像が次々と映し出され、別のスクリーンでは各地の生産者やマーケティングに関わる人たちが、自分の土地で生産されるワインの魅力をプレゼンしてくる。

インタラクティブな地球儀を回すと、「え?こんなところでもワイン造り?」と驚く産地があるかもしれない。

ワインの歴史は貿易船に乗って

この博物館でしか、世界中のワインの魅力を「五感で体験」することはできない

©Photos AnakaLa La Cité du VinXTU architects

歴史もちゃんとカバーされている。「ワイン文明」のコーナーに設置された箱の中にセンサーをかざせば、ユーモアに溢れた寸劇が始まる。

箱から箱へとテンポよく進んでいくと紀元前6000年の古代エジプトから現代に至るまで、ワインがどのように生まれ、楽しまれ、広まり、守られてきたのかを学ぶことができる。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会