体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

街の健康状態を可視化するセンサー装置「Array of Things」が、米シカゴで展開中

シカゴで展開中の「Array of Things」リストバンドなどの形態で販売されている「Fitbit」シリーズは、心拍数や歩数、移動距離、消費カロリー、睡眠状態など、ユーザーの健康状態を自動的に記録するウェアラブル端末。

健康状態を可視化することで、生活習慣の改善につながりやすいのが利点だ。

では、大気汚染や騒音のレベルなど、街の“健康状態”を自動的に計測し、記録してみてはどうだろう。

これを実現した“街のFitbit”ともいえるセンサー装置が、「Array of Things」である。

・気象データから交通量まで、街の現状をデータで可視化

気象や大気状態を計測する「Array of Things」米シカゴ大学とアルゴンヌ国立研究所が中心となって開発された「Array of Things」は、気温、湿度、気圧といった気象データから、大気汚染レベルを示す一酸化炭素などの濃度、騒音や振動、歩行者や自動車の交通量までを、自動的に計測。

リアルタイムで収集された計測データは、シカゴ大学のウェブサイトや、シカゴ市のオープンデータネットワークで公開され、誰でも無償で利用できる。

街の状態をデータで可視化することによって、行政機関、研究チーム、開発者グループ、住民らが協力し、より健康で、効率がよく、住みやすいまちづくりにつなげるのが狙いだ。

・2018年末までにシカゴで500台設置予定

「Array of Things」は、シカゴ市との提携のもと、2016年夏に初めて、市内42カ所に設置。

2018年末までに、合わせて500台が設置される見込みだという。

Array of Things

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。