ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Action Launcherがv3.9.1にアップデート、Pixelスマートフォンの噂のホーム画面機能が移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 用ホームアプリ「Action Launcher」が v3.9.1 にアップデートされ、10 月に発売される Pixel スマートフォンで噂されているホームアプリの機能が移植されました。v3.9.1 における主な変更内容は、アプリのベータ版がリースされた際に紹介しています。おさらいすると、このバージョンでは、Nexus Launcher のスワイプアップで開くアプリドロワーや新しい外観のフォルダーが移植されてほか、独自の機能として、アプリドロワーやフォルダーアイコンの背景色をカスタマイズすることができます。また、「Pill」 ウィジェットと「Date」ウィジェットにより Nexus Launcher のホーム画面デザインを再現できるようになりました。ベータ版の頃にはなかった機能としては、ドックバー背景色のカスタマイズ、QuickTheme による All Apps、フォルダーアイコン、ドック背景色のカスタマイズ機能が新たに追加されています。「Action Launcher」(Google Play)

■関連記事
HP TouchPadにAndroid 7.0 Nougatを移植するプロジェクトがスタート
FacebookのAndroidアプリに「データ節約モード」のWi-Fi接続中の自動無効化機能が追加
Android One 第一世代モデルにAndroid 7.0 Nougatアップデートが配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP