ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白バイ以外にも青バイや黒バイが存在していた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

交通部の花形部署であり、ここに配属されたいがために警察官になったという人もいるほど人気なのが、パトカーや白バイを使って取り締まりを行う「交通機動隊(交機)」と「高速道路交通警察隊(高速隊)」です。なかでも、憧れが白バイ隊員。白バイについて詳しく見ていきましょう。

白バイ隊員になるための道のり

交機と高速隊に配属を希望する警察官の、さらなる憧れといえば白バイ隊員です。とはいえ、道のりは簡単ではありません。白バイ隊員になるためには、交番勤務を数年経験した後、所属長の推薦を受けて「白バイ専科」に入校します。

そこで専門の訓練を受け、交通機動隊に配置されるという順序。さらに白バイ隊員になったあとも月に数回の定期訓練が課されテクニックを磨き、「全国白バイ安全運転技術大会」が開かれ腕前を披露しなければなりません。

ちなみに白バイは交機だけでなく、ほかの部署にも配備されています。白バイの訓練を担当する交通執行部や警備部機動隊の自動二輪部隊、そして交通総務課です。

白バイ以外に青バイや黒バイ

警視庁交通総務課には女性だけで構成されている白バイ部隊があり、その名も「クイーンスターズ」。主な任務は安全教育指導で、柔軟できめ細やかな対応は好評を得ているといいます。

また、警察の取り締り用バイクは白バイだけではありません。例えば、ひったくり犯罪全国ワーストワンの汚名を雪ぐために大阪府警が1997年に発足させたのが、ひったくり犯取り締り用の「スカイブルー隊」。使用されるバイクは青色の「青バイ」です。

夜間の暴走族対策で活用されるのが「黒バイ」で、覆面パトカーならぬ「覆面バイク」としての役割を果たします。警視庁、宮城県警、青森県警などで運用され、なかでも和歌山県警暴走族対策室の「黒豹」が有名です。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP