ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の「大好き!」満載の横浜へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自然と女子のテンションがUPする、雰囲気抜群の港町・横浜。

昼間の爽やかな景色も、夜のキラキラした夜景も、どっちもステキ!

中華街などのグルメスポットも多いから、食べて・お散歩して・また食べて…

充実の時間を過ごせること間違いなし♪

横浜の女子旅で、さらに仲を深める想い出を作っちゃおう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

横浜中華街

飲食・食材・雑貨等、500軒以上の店が軒を連ねる世界最大級の中華街。広東・北京・上海・四川など本場の中国料理を堪能できる。中華街の正門である善隣門は高さ15mで朱と金で彩られている。門をくぐると中国情緒があふれている。

\口コミ ピックアップ/

友人3人で横浜中華街へ。

食べ歩きのお供はホカホカの餡饅頭とキンキンに冷えたアイスクリーム。

ランチの時間には、中華街入口付近にある刀削麺のお店がオススメ。

中華街の雰囲気と、見上げるような大きな門に魅了されながら休日の午後は過ぎていくのでした。 横浜中華街

住所/神奈川県横浜市中区山下町

TEL/045-662-1252

「横浜中華街」の詳細はこちら

ブタまんの江戸清

1個260gもあるビッグサイズの『ブタまん』は、豚以外にもカニやエビが入り、肉汁たっぷりでタケノコの食感も良く、忘れられない味と大きさで虜になる。他にも、『金華ハム』やフカヒレたっぷりの『金華フカヒレまん』やこだわりの『シウマイ』、『餃子』など多数取り揃えていて、HPからも注文できる。

中華街一との呼び声ボリューム満点ブタまん

\口コミ ピックアップ/

江戸清のブタまんは超有名!

店頭の大きなブタまんは中華街に多くの店が並びますが目を引きます。シェアして食べるのがいいと思います。 ブタまんの江戸清

住所/神奈川県横浜市中区山下町192

「ブタまんの江戸清」の詳細はこちら

梅蘭

カリカリ&とろ~りで大人気の変わり焼きそば

家庭の雰囲気そのままに上海料理が食べられるお店。『フカヒレの姿煮込み』や『車エビのマヨネーズ』などの本格中華も味わえるが中でも人気メニューはオリジナル変わり焼きそば。両面をカリカリに焼いたやきそばの中にあんかけを閉じこめた『梅蘭やきそば』(893円)は一品で2度おいしいと好評。

\口コミ ピックアップ/

横浜中華街で頂きました。

ガイドブックで見た時から、絶対に食べると決めてました。

焼きそばの中からあんかけがとろ~っと出てきます。

あんの味はちょうどよく、包んでいる焼きそばに絡めて食べるのが美味!

美味しかったです! 梅蘭

住所/神奈川県横浜市中区山下町133-10

「梅蘭」の詳細はこちら

みなとみらい21

かつて造船所や鉄道用地で二分されていた横浜の都心部を一体化し、オフィス・商業・文化・アミューズメント・住宅などの多様な機能が集積した地区です。横浜美術館・ランドマークタワー・パシフィコ横浜・クイーンズスクエア等があり、多くの人が行き交う都市型観光地として、活気に満ちあふれています。

\口コミ ピックアップ/

ランチでビルの上階のレストランを利用しましたが、窓からの眺めがとても素敵です。天気もよかったので、青い空に観覧車がとても映えていました。夜景もきっと素敵なんだと思います。すばらしい眺めに会話もはずみ、楽しい女子会になりました。近くにいろんなお店もあるので、ショッピングにも最適なスポットです。 みなとみらい21

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい

TEL/045-682-0021

「みなとみらい21」の詳細はこちら

横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]

ライトアップ実施。港ヨコハマを代表する建築のひとつとして、特に著名。当時の最先端技術を使い、鉄と煉瓦がみごとに組み合わされた構造で、我が国の主要な煉瓦造建築のひとつである。当初は、両方とも同規模だったが、1号館は震災で壊れ、今日見るような半分の形となった。

この歴史的建造物である赤レンガ倉庫は、「文化の創造発信と賑わいの創出」をコンセプトに、1号館は自由な設定が可能なホールを持つ文化施設として、また、2号館はクラシックとモダンが渾然一体となった魅力的な商業施設として、2002年4月にリニューアルオープン。

\口コミ ピックアップ/

赤レンガ倉庫にはたくさんのお店があり、見応え十分です。ランチを食べてからすぐ近くが海なので、散歩をしながら海風にあたると良い景色が見られます。今回は占いのお店に行ってみましたが、なかなか当たっていてびっくり。旅の記念に訪れるのもいいですね。 横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]

住所/神奈川県横浜市中区新港1丁目

TEL/045-227-2002

「横浜赤レンガ倉庫[1号館及び2号館]」の詳細はこちら

横浜ランドマークタワー

地上70階、高さ296mの日本一の超高層ビルは横浜のシンボル的存在です。ショッピングが楽しめるランドマークプラザが隣接する他、ホテルやホールなどが入っています。69階の展望フロア「スカイガーデン」からの景色は最高です。

\口コミ ピックアップ/

よく晴れた日に展望台に上りました。大きなガラス張りで本当に景色が綺麗でした。是非遠くから来る友人を連れてまた上りたいです。 横浜ランドマークタワー

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1

TEL/045-222-5015

「横浜ランドマークタワー」の詳細はこちら

山下公園

昭和5(1930)年に開園した山下公園は、ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな公園です。数多くの記念碑などがありますが、代表的なものは米サンディエゴ市から贈られた「水の守護神像」や童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子の像」、かもめの水兵さんの歌碑などです。

\口コミ ピックアップ/

横浜といえばの観光スポットです。

いつ行っても散歩する人やベンチにかけている人など人がたくさんいます。

大道芸も行われています。

中華街から海に向かって歩いてきて、山下公園でのんびりするのはとても気持ちが良いです。 山下公園

住所/神奈川県横浜市中区山下町279

TEL/045-671-3648

「山下公園」の詳細はこちら

横浜みなとみらい万葉倶楽部

【癒し】×【宴会スペース】

\口コミ ピックアップ/

足湯では、みなとみらいを一周みられ、夜は夜景がきれいです。

宿泊もあるので、ゆっくりしたいひとにもおすすめです。 横浜みなとみらい万葉倶楽部

住所/神奈川県横浜市中区新港2-7-1

TEL/045-663-4126

「横浜みなとみらい万葉倶楽部」の詳細はこちら

馬車道

吉田橋から港へ通じるレンガ敷きの道。開港当時はメイン道路で、外国人達の馬車が多く行き来したところから名付けられた。通り沿いに外国人相手の舶来品を扱う商店が並び、独特の賑わいをみせた通りでもあった。今でも、ガス燈型の街灯やニレの並木に飾られた通りに、当時の面影を伝えるかのようなしゃれた店がある。

\口コミ ピックアップ/

観光で散策をしました。

とにかく街並みが美しい!

見ていて惚れ惚れ、歩いているとタイムスリップしたような気分になりました。 馬車道

住所/神奈川県横浜市中区常盤町5丁目

TEL/045-641-4068

「馬車道」の詳細はこちら

新横浜ラーメン博物館

館内に昭和33年のレトロな町並みを再現し、全国選りすぐりのラーメン店が軒を連ね、ラーメン文化と歴史にスポットをあてた展示もあります。

\口コミ ピックアップ/

有名なラーメン博物館ですが、ラーメンマニアの私は何度も訪問しました。

期間によっては、人気のラーメン屋さんが入れ替わるので飽きる事がなくいろいろな名店が味わえます。

ハーフサイズのラーメンを提供する店もあり、はしごするには嬉しいです。 新横浜ラーメン博物館

住所/神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21

TEL/045-471-0503

「新横浜ラーメン博物館」の詳細はこちら

シーバス

横浜駅東口、赤レンガ倉庫、みなとみらいぷかりさん橋、山下公園を結ぶ海上バス。

\口コミ ピックアップ/

横浜在住なので普段は乗りませんが、

ほかの地方から友人が来ると横浜駅からMMや山下公園に移動するのに使うと喜ばれます。

ザ・横浜な景色をいっきに楽しめます。

気軽に乗れますし、景色もよく楽しいのでテンションがあがるのでオススメです。 シーバス

住所/神奈川県横浜市中区山下町

TEL/045-661-0347

「シーバス」の詳細はこちら

横浜・八景島シーパラダイス

絶叫マシーンあり、水族館ありの子供から大人まで楽しめるアミューズメントパーク。座りながら360度のパノラマが楽しめる「シーパラダイスタワー」はカップルにとても人気の乗り物だ。107mの高さから垂直落下する「ブルーフォール」は怖くて迫力満点!2004年7月にはイルカの水族館もオープン。

カップルも家族連れも一日中楽しめる!

\口コミ ピックアップ/

サークルの友達6人で行くのが毎年恒例になっています。

水族館とアトラクションを兼ね備えていて、丸1日いられます(^^)

フリーフォール型のアトラクションは結構怖いですが、比較的混んでる日でもほとんど並ばずに乗れるので乗って並んでを繰り返していました(笑)

敷地が広く、歩き回るので疲れますが(笑)、焦って回る雰囲気でもなく、のんびり過ごせます。

夜は夜景もきれいです(^^) 横浜・八景島シーパラダイス

住所/神奈川県横浜市金沢区八景島

「横浜・八景島シーパラダイス」の詳細はこちら

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

大さん橋埠頭は、明治27(1894)年の完成以来、日本の海の玄関として活躍してきました。現在の横浜港大さん橋国際客船ターミナルは、平成14(2002)年にリニューアルオープンしたものですが、個性的なデザインと斬新な構造の空間美を持ち、日本を代表する港にふさわしい客船ターミナルとなっています。ベイブリッジから赤レンガ倉庫、みなとみらい21地区まで360度の夜景が素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/

これぞ横浜!という景色が見られるおすすめスポット♪

日中の青空も、夕暮れも、夜景も、いつ行っても素敵な景色が見られるはずです。

大桟橋内のレストランも素敵な景色をバックに美味しいお食事がいただけるのでこちらもおすすめです◎ 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

住所/神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4

TEL/045-211-2304

「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」の詳細はこちら

野毛山動物園

昭和26(1951)年に開園した横浜市民に昔から親しまれてきた都市型動物園です。「なかよし広場」ではウサギやモルモットなどとの触れあい体験ができます。

\口コミ ピックアップ/

入園料が無料なのが一番の魅力。場所は日の出町が最寄りですが桜木町からもいけるので、予定の途中に行けるのもいいです。中はそこまで広くないので一周見てまわるにも時間はかかりません。 野毛山動物園

住所/神奈川県横浜市西区老松町63-10

TEL/045-231-1696

「野毛山動物園」の詳細はこちら

よこはま動物園ズーラシア

オカピやセスジキノボリカンガルーなど、世界でも珍しい動物に出会えます。動物を世界の気候帯・地域別に分けて展示しています(アジアの熱帯林、亜寒帯の森、オセアニアの草原、中央アジアの高地、日本の山里、アマゾンの密林、アフリカの熱帯雨林)。各ゾーンは、動物、植物、人の文化を織り交ぜながら、世界の環境を演出し、地域特有の雰囲気を体感できます。ガイドツアーも実施しています。

\口コミ ピックアップ/

いろんな動物に触れ合えて楽しいです!大人になってからいっても楽しめました、たまには動物園もいいなと思いました。 よこはま動物園ズーラシア

住所/神奈川県横浜市旭区上白根1175-1

TEL/045-959-1000

「よこはま動物園ズーラシア」の詳細はこちら

港の見える丘公園

横浜のエキゾチックなイメージを代表する山手の丘の海側の顔ともいえ、公園からベイブリッジが望める絶好のロケーションとその名称から、横浜を代表する公園の一つとして人気は高く、山手の観光コースからは外せない存在となっています。春と秋にはローズガーデンが見事です。

\口コミ ピックアップ/

山下公園と並び、横浜で有名な観光地にもなっている公園です。山手の高台にあるため晴れた日の景色は最高です。最近は周辺にお洒落なカフェやレストランもできたし、坂を下れば、元町商店街もあるので、ショッピングがてら立ち寄るのもよいと思います。 港の見える丘公園

住所/神奈川県横浜市中区山手町114

TEL/045-671-3648

「港の見える丘公園」の詳細はこちら

キリン横浜ビアビレッジ

ブルワリーツアーでは、ビール製造工程の見学ができます。また、できたてのビールが味わえるパブブルワリーやレストランもあります。

\口コミ ピックアップ/

ビール工場見学のフローズンビールツアーに参加。

クイズをしながらビール製造工程等の説明を受け、最後にビールの試飲。

様々なビールうんちくを教えてもらい、楽しい見学でした。

併設レストランは、ビールに合うメニューがたくさんで、ここでしか飲めない

横浜工場オリジナルビールが味わえるのも魅力です。 キリン横浜ビアビレッジ

住所/神奈川県横浜市鶴見区生麦1-17-1

TEL/045-503-8250

「キリン横浜ビアビレッジ」の詳細はこちら

「スヌーピータウンショップ」横浜店

ショップの目印は、遠くからでもよく見えるスヌーピーの巨大バルーン。入口前にはチャーリー・ブラウンをはじめとするキャラクターたちの足型が並んでいる。ステーショナリーや食器、ぬいぐるみなど、生活を楽しく彩るさまざまな商品が揃うのもここならでは。お土産には可愛いパッケージのお菓子が人気。

大好きなキャラクターがここにも、あそこにも!

\口コミ ピックアップ/

珍しいスヌーピーのグッズなどがたくさんあります。横浜限定品も魅力的でファンならずとも立ち寄っておきたいショップです。 「スヌーピータウンショップ」横浜店

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-4 クイーンズスクエア横浜[アット!]3rd2階

「「スヌーピータウンショップ」横浜店」の詳細はこちら

横浜開港資料館

幕末・開港期から昭和初期までの横浜の歴史に関する資料を展示・公開し、常設展の他年4回企画展も開催。旧館は英国総領事館だった建物で、昭和47年まで使われていた。

\口コミ ピックアップ/

港の風が感じられる場所にあり、周りの景色もとても綺麗で良い雰囲気。旧英国総領事館の建物だけでも一見の価値ありです。

常設展では横浜の歴史が学べます。企画展も毎回興味深いテーマでそのつど新たな発見があります。

喫茶室もあるので、散策に疲れた際に立ち寄るのもオススメです。 横浜開港資料館

住所/神奈川県横浜市中区日本大通3

TEL/045-201-2100

「横浜開港資料館」の詳細はこちら

横浜美術館

横浜開港期の19世紀後半から現代にかけての、ヨーロッパと日本の美術作品9800点を所蔵、紹介する。下村観山や横山大観などの日本画家や、ダリ、マグリットなどシュルレアリスムの作品を多数所蔵。また、写真コレクションも充実。館内には、講座やワークショップを行う「子どものアトリエ」と「市民のアトリエ」、9万冊以上の美術図書や雑誌、映像資料を閲覧できる「美術情報センター」や、ミュージアムショップ、カフェ、レストランも併設。

\口コミ ピックアップ/

横浜美術館は、時期ごとに魅力的な展示があり、とてもアートに適したカッコいい空間が演出されています。

美術館前の噴水ではお子様が遊んでいたり、MARK ISができてからは、休日の人通りも多くなり、賑やかに彩られています! 横浜美術館

住所/神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

TEL/045-221-0300

「横浜美術館」の詳細はこちら

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

東京・横浜・千葉…首都圏のおすすめ&お手軽デートスポット10選
女性の「大好き!」満載の神戸へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ19選!
女性の「大好き!」満載の名古屋へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP