ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

椅子との出会いを聞きたい11人の選んだ椅子展「Chairs」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

そのセレクトが注目を集める11人のエピソード

2016年9月10日(土)から19日(月・祝)までの10日間、東京・新橋のLandscape Products(ランドスケーププロダクツ)が運営するギャラリー「CURATOR’S CUBE」にて、「Chairs」展が開催されます。

昨年2月に開催され、大きな反響があった展示の第2弾。今回は、国内外の生活用品を扱うOUTBOUNDの店主・小林和人さんや、CLASKA Gallery & Shop “DO”のディレクター・大熊健郎さんをはじめ、スタイリストやデザイナーなど、そのセレクトが注目を集める11名が愛用した椅子が展示・販売されます。

毎日使う椅子だからこそ、選んだ理由があるはず。本展示では、出品者それぞれがどのように椅子と出会い、どのような使い方をしていたのか、エピソードとともに椅子の魅力に触れることができます。

新たに椅子を探している方には参考になる点も多い展示です。会期が短いので、お見逃しのないよう足をお運びください。

左:小林和人さんが愛用していたプリミティブな作りの椅子。

右:大熊健郎さんは、さまざまな素材の椅子を出品。

Chairs

会期:2016年9月10日(土)~19日(月・祝) 12:00~19:00

会場:CURATOR’S CUBE/東京都港区西新橋2-38-3 土井ビル3F

詳細:http://curatorscube.com/

▽出品者

宇野昇平/SML

大熊健郎/CLASKA Gallery & Shop “DO”

木村洋輔/BUILDING

小林和人/outbound

小林節正/…….RESEARCH

座親淑美/VELVET THE SHOWROOM

築地雅人/biotope

二村毅/stylist

二俣公一/CASE-REAL , KOICHI FUTATSUMATA STUDIO

保里正人/SAML.WALTZ

森岡督行/森岡書店

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

フランスの蚤の市を再現! 代々木でブロカントを扱うマルシェ開催
今年も横浜で「広松木工家具個展」開催、蔵前・SyuRoでプレイベントも
北欧ファブリックのマーケット&ワークショップ「SCANDINAVIAN FABRIC」、大阪で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP