ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

カタチが独特! ダイソンの新型掃除機「Cinetic Big Ball」は新機能も

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dyson1

いけないこととは知りながら、ついつい蹴り転がしたくなるようなキュートな形の掃除機がお目見えだ。

ダイソンの新型掃除機「Cinetic Big Ball」が、ベルリンで9月7日まで行われたIFA 2016(国際コンシューマ・エレクトロニクスショー)で発表された。

・倒れてもすぐ元通り

キャニスター型掃除機の概念を覆すこのCinetic Big Ball、他のどの掃除機とも似ていない。

dyson2

強く蹴ったり引っ張ったりして転がしても、すぐに元通り。重要部を機体のセンターに集中させ、中でも重い部品については底部に配置することで、転倒しても自身で機体を立て直すことができる。思わずそれで遊んでしまいたくなる形状だ!

・高性能な技術をふんだんに取り入れ

他の掃除機同様、このCinetic Big Ballには、ダイソン独自のサイクロン技術が存分に用いられている。キャニスター部への空気の吸引速度たるや、時速180マイル(約290km)!何ともパワフルな吸引を実現している。dyson4

加えてゴミやほこりを効率的に取り除くための「ハイジェニック・ダート・イジェクター」を搭載。洗ったり取り換えたりするフィルターも必要ない。素晴らしい。

・今ならおトクに購入

この新製品、ダイソンのウェブサイトからすでに購入可能、店頭に並ぶのは9 月16日から。

定価は699ドル(約7万1千円)だが、今なら期間限定で549ドル(約5万6千円)になっている!

I kicked the crap out of Dyson’s new vacuums and they wouldn’t fall over

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。