ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京・横浜・千葉…首都圏のおすすめ&お手軽デートスポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いよいよ、おでかけの秋到来です!

デートでどこかに行きたいけど、お出かけの多いこの季節、出費もかさんでどうしよう・・・。

そうお悩みの方に、今回は、東京・横浜・千葉エリアで、予算3000円までのお手軽デートスポットをご紹介します。

予算はお手頃ですが、充実した時間を過ごせるスポットが盛りだくさん!

週替わりで、色々出かけるのもよし、2カ所以上組み合わせもよし、色々な場所に出かけて、思い出を増やせば、二人の絆がより一層深まるはず・・・。

1.都庁展望室

地上202mから眺める東京夜景にうっとり。

360度の東京夜景を堪能。北と南、2つの展望室がある

新宿オフィス街の中心に位置する48階建ての東京都庁舎。45階にある展望室からは、東京の街が一望の下に。23時まで開いていて、夜景を眺めつつアルコールが楽しめるバーも。 都庁展望室

TEL/03-5320-7890(展望室専用案内平日10時~17時)

住所/東京都新宿区西新宿2-8-1

営業時間/9時30分~23時(南展望室は~17時30分)※最終入室は閉室の30分前

定休日/南展望室:第1・3火、北展望室:第2・4月(祝日の場合は翌日)、年末年始

アクセス/JR新宿駅より徒歩10分

「都庁展望室」の詳細はこちら

2.日比谷公園

ビジネス街のオアシスで紅葉狩り。広い園内でお散歩デート。

テレビや映画にしばしば登場する「大噴水」 写真提供/公益財団法人東京都公園協会

日本初の洋風近代公園として、明治時代に開園。季節の花が咲く花壇や紅葉の美しい雲形池など、お散歩デートにぴったりのスポットが多数点在する。待ち合わせは「大噴水」の前で♪ 日比谷公園

TEL/03-3501-6428(日比谷公園サービスセンター)

住所/東京都千代田区日比谷公園1-6

営業時間/常時開園

定休日/常時開園

アクセス/東京メトロ日比谷線・千代田線・都営地下鉄三田線日比谷駅より徒歩すぐ

「日比谷公園」の詳細はこちら

3.野毛山動物園

動物たちとふれあってほっこり癒やしの休日を。

人気者のレッサーパンダは愛らしい仕草に目が釘付け

迫力あるインドライオンも間近に

横浜の街を眼下に眺める「野毛山公園」の一角に広がる動物園。トラやライオン、レッサーパンダなど約100種、1500頭を飼育。まさかの0円で楽しめる。 野毛山動物園

TEL/045-231-1307

住所/神奈川県横浜市西区老松町63-10

営業時間/9時30分~16時30分(最終入園16時)

定休日/月(祝日の場合は翌日)※5月・10月はなし、12月29日~1月1日

アクセス/JR・横浜市営地下鉄桜木町駅より徒歩15分

「野毛山動物園」の詳細はこちら

4.東京都葛西臨海水族園

迫力のマグロ回遊水槽と公園の海景色を目当てに。

ドーナツ型の大水槽をクロマグロが迫力たっぷりに回遊する

ペンギン展示場では1日2回のエサの時間が見もの

東京湾を望む「葛西臨海公園」内に位置する水族園で、地上30.7mの大きなガラスドームが目印。園内にはクロマグロが群泳する大水槽や国内最大級のペンギン展示場など見どころがぎっしり!

■料金/入園料一般700円、中学生250円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料、65歳以上350円 東京都葛西臨海水族園

TEL/03-3869-5152(代)

住所/東京都江戸川区臨海町6-2-3

営業時間/9時30分~17時(最終入園16時)

定休日/水(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日

アクセス/JR葛西臨海公園駅より徒歩5分

「東京都葛西臨海水族園」の詳細はこちら

5.日本橋クルーズ(R)

開放感満点の船で楽しむリバークルーズデート。

屋根のない船で、水面や橋を間近に感じてドキドキ

オープン型の船に乗って東京遊覧クルーズへ。日本橋の下を潜り抜け、隅田川、東京港、月島界隈の運河を巡る。いつもと違う角度で眺める東京の景色は新鮮で、盛り上がること間違いなし!

■料金/60分コース(日本橋・東京港めぐり)大人2000円、小学生1000円(未就学児は大人1名につき1名まで膝上無料) 日本橋クルーズ(R)

TEL/03-5679-7311(東京湾クルージング)

住所/東京都中央区日本橋1-9地先(日本橋船着場)

営業時間/日により異なる(1日1~5便運航)

定休日/不定(要問合せ)

アクセス/東京メトロ銀座線・半蔵門線三越前駅より徒歩3分

「日本橋クルーズ(R)」の詳細はこちら

6.サンシャイン水族館

ビル屋上に広がるオアシス。空飛ぶアシカにびっくり!

屋外のドーナツ型水槽では、空を飛ぶように泳ぐアシカの姿が頭上に!

南国の海に潜っているように錯覚する大水槽

「天空のオアシス」がコンセプト。エイなどが泳ぐ大水槽「サンシャインラグーン」やクラゲトンネル「ふわりうむ」など、都心のビルの中とは思えない迫力の展示が目白押し。

■料金/入館料大人2000円、小・中学生1000円、4歳~未就学児700円 サンシャイン水族館

TEL/03-3989-3466

住所/東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上

営業時間/4月~10月:10時~20時(最終入場19時)※季節により変動あり

定休日/なし

アクセス/JR池袋駅より徒歩10分

「サンシャイン水族館」の詳細はこちら

7.スヌーピーミュージアム

今春から2年半の限定開催。ピーナッツの世界観を満喫。

『ピーナッツ』のコミックで作られた3Dのモザイクアートは圧巻の見応え!

ピーナッツファンの聖地「シュルツ美術館」の世界初の分館。スヌーピーが活躍するコミック『ピーナッツ』の原画をはじめ、作者の未発表スケッチなど貴重な資料の数々が見られる。

■料金/前売り券大人1800円、大学生1200円、中学・高校生800円、4歳~小学生400円 スヌーピーミュージアム

TEL/03-6328-1960

住所/東京都港区六本木5-6-20

営業時間/10時~20時(最終入場19時30分)

定休日/オープン記念展(~9月25日)会期中はなし、以降未定

アクセス/東京メトロ日比谷線・都営地下鉄大江戸線六本木駅より徒歩7分 ※日時指定の予約制。前売り券をローソンチケットにて販売。当日券は前売券の状況に応じて販売。

「スヌーピーミュージアム」の詳細はこちら

8.ホテル日航成田 サンセットラウンジ

きらめく空港夜景を望む カクテルラウンジで乾杯。

カウンターでバーテンダーのつくるカクテルと会話を楽しんで。予約制のカップルシートもあり

ホテル最上階から成田空港を一望する、オーセンティックなカクテルラウンジ。空港のきらめく夜景と離着陸する飛行機を間近に眺めながら、大切な人とロマンチックなひと時を。

■料金/マルガリータ1100円、チーズ盛り合わせドライフルーツ添え1700円など ホテル日航成田 サンセットラウンジ

TEL/0476-32-0032(代表)

営業時間/18時~24時(LO23時45分)

アクセス/JR成田駅東口より無料シャトルバスで20分

「ホテル日航成田 サンセットラウンジ」の詳細はこちら

9.浅草花やしき

名物アトラクション多数!浅草の老舗遊園地へ。

1953年に誕生した「ローラーコースター」

花やしき史上最速の「スペースショット」

江戸末期、1853年に開園した歴史ある遊園地。現存する日本最古の「ローラーコースター」は最高時速42kmながらも、周囲の建物すれすれを駆け抜けるスリルがやみつきに!

■料金/入園料大人1000円、小学生500円、のりもの券1枚100円~ 浅草花やしき

TEL/03-3842-8780

住所/東京都台東区浅草2-28-1

営業時間/10時~18時(最終入園17時30分)※季節・天候により変動あり

定休日/なし(2、6、12月にメンテナンス休園あり)

アクセス/東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線・東武スカイツリーライン浅草駅より徒歩5分

「浅草花やしき」の詳細はこちら

10.VR ZONE Project i Can

大人も思わず取り乱す!話題のVRを体験。

「極限度胸試し高所恐怖SHOW」は1回7分1000円

利用できるのは13歳以上から

最新のVR(バーチャル・リアリティ)技術で叶える、仮想現実体験エンターテインメント施設。地上200mの板の上を渡る体験や断崖絶壁の雪山を滑る体験など、アクティビティは全7種。

■料金/パナパスポートカード300円、各コンテンツ体験料700円~1000円 VR ZONE Project i Can

TEL/03-5579-6141

住所/東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京プラザ3階

営業時間/10時~21時

定休日/不定

アクセス/東京臨海新交通臨海線(ゆりかもめ)台場駅より徒歩5分

※WEBサイトから要予約。

「VR ZONE Project i Can」の詳細はこちら

※この記事は2016年9月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

女性の「大好き!」満載の神戸へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ19選!
女性の「大好き!」満載の名古屋へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!
女性の「大好き!」満載の福岡へ行く! イマ女子旅いくならココがオススメ20選!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP