体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初のファンミーティングに感動的なCM。スバルのイメージが少しずつ変わっている理由とは?

生活・趣味
▲2014年に恵比寿に移転した富士重工業(株)の本社。1階にショールーム、地下に修理工場が併設された近代的な作りは、今のスバルを象徴とさせる

▲2014年に恵比寿に移転した富士重工業(株)の本社。1階にショールーム、地下に修理工場が併設された近代的な作りは、今のスバルを象徴とさせる

2020年に向けたスバルの取り組みを牽引する「SNS推進室」

栃木県佐野市。スバリストにとっては聖地ともいえる「スバル研究実験センター(SKC)」でスバル主催としては初となるファンミーティングが開催された。「SKC」は、その名のとおりスバル車の研究開発が行われる施設。ファンにとっては聖地であり、スバルにとってはまさに聖域だ。一般開放されたのは1999年の「SKC10周年イベント」以来。今回は、全国各地からファン2500人、スバル車1000台が集まり大イベントとなった。このイベントを仕掛けたのが、スバルネクストストーリー(SNS)推進室である。

一般的に企業とカスタマーとのコミュニケーションは複数の部署がそれぞれの目的にそって役割を担うことが多い。例えば、メディアに対して新車を露出してカスタマーへ訴求したいなら広報部門が、テレビやラジオのCMや新聞や雑誌の広告などは宣伝部門が、チラシやパンフレット、イベントなどは販促部門といったところだ。

「SNS推進室は、広報部門、宣伝部門、販促部門など、それぞれの組織のリソースを使い、2020年に向けた取り組みを加速させる役割だと思っています」と教えてくれたのは、SNS推進室の小島敦室長だ。

2020年に向けた取り組み。それは、スバルの新中期経営ビジョン「際立とう2020」にある「スバルブランドを磨く6つの取り組み」のなかのひとつ「コミュニケーションへの取り組み」を指している。示されたスローガンは「スバルがあると人生がもっと愉しい」。商品というハードから、日常や余暇でのスバルのある生活に至るまで、コアバリューである「安心と愉しさ」を拡げていくために、「SNSプロジェクト」が始動したという。

▲2016年3月に栃木県佐野市にある聖地スバル研究実験センター(通称:SKC)で開催されたファンミーティングの様子。抽選で選ばれた1000台、2500人が集まり交流を深めた

▲2016年3月に栃木県佐野市にある聖地スバル研究実験センター(通称:SKC)で開催されたファンミーティングの様子。抽選で選ばれた1000台、2500人が集まり交流を深めた

技術の高さが浸透した今、しっかりと伝えるべきこと

「スバルブランドを支持していただいているお客様に評価頂いているのは、確かなモノづくり。それは、スバルの代名詞でもある高い四駆性能やボクサーエンジンの走りの愉しさであり、近年ではEyeSightに代表される安全性の高さでもあります。おかげさまで、そこはしっかりと伝わっていると思っています」と小島室長。

確かに、ラリーなどで培われたスバルの高い技術に魅せられた「スバリスト」と呼ばれるファンは有名。日本の他のメーカーには見られない現象だ。

1 2 3次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会