ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏バテが続く人へ。トルコ人から学ぶ疲労回復「サラダ仕立ての冷たいスープ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人によって夏バテは意外に長く続くもの。連日の暑さで疲れた体に、スタミナ満点の食事もいいけれど、胃袋だってお疲れ気味。ならばと紹介したいのが、ヨーグルトを使ったトルコの伝統料理。ひんやりサラダ感覚でどうぞ!

ヨーグルトとキュウリの
さっぱりスープ

ヨーグルトベースのスープにキュウリとニンニクを加えてつくる「ジャジュック」は、トルコの夏の定番料理。さっぱり清涼感があふれる、サラダとスープの中間、“スープ風サラダ”といった感覚。

夏の疲れを回復してくれるタンパク質や、アリシンなどの栄養素がたっぷり。本場トルコではお酒を飲む前、胃の粘膜を保護するために食べる人も多いそう。つくり方はいたって簡単。

カットして材料を混ぜるだけ

まずはニンニク1/2かけをすりおろし、キュウリ1/2はみじん切りにしてボウルの中へ。そこにプレーンヨーグルト100gと塩をひとつまみ加えたら、よく混ぜて器に盛り付け、最後にオリーブオイルをひと回し。これだけ。

塩気のあるヨーグルトとパンチのきいたニンニクの組み合わせが相性抜群。食欲のない日でもスルスルいけちゃいますよ。

関連記事リンク(外部サイト)

【保存版】トルコの「きゅうりサラダ」が簡単で美味しい!
これは試したい!「ヨーグルトに塩」が、熱中症対策にいいらしい
ふんわりバニラの香り。お米を使わないデンマークの「リンゴ粥」は夏バテ予防にもイイみたい

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP