ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

61年前のウェディングケーキを、今も食べ続けている老夫婦。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

61年前と同じ“種類”のケーキではなく、正真正銘そのときにつくられたものの一部を今も食べ続けているのだそうです。えっ、だ…大丈夫なの!?

“1955年”のお味は?

アンさん(82)とその旦那さん(86)は、毎年8月になるとお皿にちょこんとのった黒いフルーツケーキ(!)を棚から取り出します。結婚式でカットしたものの一部だそう。「FLORIDA TODAY」に掲載されたコメントがまた凄いんです…。

「何年もあとに乾いちゃってたのを見つけて、食べるためにブランデーにつけたの。そしたらけっこう美味しくって。それからずっと食べてるのよ。随分長いこと続けているわ。

腐りはしないけど、水分がからっきし。だから毎年湿らせてる。母が作ってくれたもので、一番上の段だったところよ」。

幸い、家族が誰も食べたがらないのでまだなくなっていないとか。大きさは4×3インチ(10cm×7.5cm)ほど残っているようです。

もはや恒例行事で、少しづつお祝いのために食べるのがお決まり。体に毒どころか「長生きの秘訣だわ」とも。

結婚式の思い出や母親の気持ちが詰まったものが半世紀以上残り続けていること自体が貴重とはいえ、まさかそれを食べ続けているなんてビックリ。ただ、愛ある証拠でもあるし、なんとも微笑ましい話ですよね。これからも末永くお幸せに!Licensed material used with permission by FLORIDA TODAY

関連記事リンク(外部サイト)

さらばウェディングケーキ。アメリカの結婚式で「ドーナツウォール」がじわじわ来ている
スタバで結婚式をあげるカップルが続出!アメリカでは「コーヒー・ウェディング」がブーム?
【ちょっとイイ話】結婚式で使われた「ウェディングフラワー」の素敵な行方

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP