ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

iPhoneで1分でお店を出せる「AnyPay」で写真撮影サービスを売ってみた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホだけでお店が開ける。

スマホ・インターネットの普及で、ほんの5年前までは考えられなかったことが、可能になってきています。

そんななか、元グノシーの木村新司氏がオンライン決済サービスの「AnyPay(エニーペイ)」をローンチしました。

概要は以下。

誰でもいつでも、商品を登録して購入ページを作成することで、手軽にオンライン決済を導入出来るサービスです。現在、手数料無料キャンペーン中*です。(*但し、 月額の決済金額5,000万円まで)

簡単に言うと「誰でもオンラインショップが持てる。」ということですね。

実際にiPhoneでオンラインショップを作り、写真撮影サービスを売ってみました。

iPhoneでユーザー登録&商品登録が早い

まずアカウントを作成します。Facebook、Twitter、Google+と連携できるので、細かい情報入力を省けます。1分で登録完了はあながち大げさではないですね。

メールアドレスやアカウント名、アイコンなど細かい調整をして完了!
「Office TIM33」ストアがオープンしました。早い!アカウントを作った勢いで、商品も登録してみましょう。

販売するアイテムのカテゴリは「物販」「ダウンロード販売」「サービスチケット」と分かれています。今回は私橋本憲太郎の「プロフィール写真撮影サービス」を販売してみました。カテゴリは「サービスチケット」です。

商品名、商品説明、価格を決め、有効期限も設定します。対面サービスの場合は長めに設定しておくと安心です。

また、支払い方法は月額課金にも対応しているので、オンラインサロンなども運営できます。いまなら決済手数料無料なので、これはかなりチャンスなのでは・・・?

販売すると直ぐ売れて驚いた

ページができると、そのままTwitterやFacebookなどSNSでURLをシェアできます。

いきなり商品をフォロワーや友達に知らせられるのは嬉しいですよね。従来の通販サイト構築に比べればかなり楽なハズ。

現在決済手数料で商品やサービスを販売できます。一度試してみてはいかがでしょうか?

ボクはFacebookにシェアしていきなり反響があったので、何点か商品(サービス)を追加してみます。

ボクお店→Office Tim33さんのお店 | AnyPay(エニーペイ)

AnyPay | AnyPay(エニーペイ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP