ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【レシピ】一晩寝かせるだけ!デザート感覚で食べられるスイスのミューズリー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ひんやりクリーミーな食感のビルヒャーミューズリー。以前TABIZINEでご紹介した、栄養たっぷりのスイス生まれの朝食です。冷たい口当たりは、夏バテ気味のときや、残暑が続く今の時期のデザートとしてもぴったり。


グラノーラと同じ「オーツ麦」が主原料

カリッとした食感が身の上のグラノーラと同じく、オーツ麦が主原料のビルヒャーミューズリー。オーツ麦をジュースやヨーグルト、フルーツなどと混ぜ合わせ、一晩寝かせて作ります。果汁とヨーグルトをたっぷり吸収したオーツ麦はとろけるような食感で、驚くほどクリーミー! そう、ビルヒャーミューズリーは新感覚のおいしさなのです。グラノーラと同じく、食物繊維やビタミン、ミネラルなどがたっぷり摂れるから、美容にも健康にも良いという点がいいですね。

驚くほど簡単に作れる、スイス人のシェフ直伝のレシピをご紹介しましょう! 

【材料】(2人分)
オートミール・・・100g
オレンジジュース・・・150cc
好みのヨーグルト・・・150cc
お好みのドライフルーツ・・・大さじ2

【作り方】
タッパーにすべての材料を入れてスプーンで混ぜ合わせ、冷蔵庫で一晩寝かせれば出来上がり。スプーンで混ぜ合わせてから、召し上がれ! お好みでフルーツをトッピングすれば、見た目も華やかになります。

てもシンプルなレシピだけに、材料選びが肝心です。上記レシピでは、オレンジジュースは果汁100%のものを、ヨーグルトは濃厚なギリシャヨーグルトを使用してみました。作り置きしておけば、2〜3日間は美味しく食べられますよ。

ビルヒャーミューズリーの簡単アレンジ


(C) sweetsholic

ビルヒャーミューズリーはもともと、オーツ麦とりんごのピューレを主原料としたものだったようです。シェフの中には、オレンジジュースの代わりにアップルジュースを、あるいは2種類のジュースをミックスする人も。添えるフルーツも、イチゴやブルーベリー、オレンジにキウイ、マンゴーにりんごなど、旬のものやお好きなものをどうぞ!


オーツ麦がお腹のなかで膨れるためか、腹持ちの良さも抜群のビルヒャーミューズリー。グラノーラ好きな人には、ぜひとも味わっていただきたい朝食のひとつです。

[Photos by Shutterstock.com]

■関連記事
【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

【気になる世界の朝ごはん】体に優しい朝食。パンの種類も豊富。スイス編

ハッピーな週末を迎える、ウィークエンドのごちそうトースト5つ
http://tabizine.jp/2014/08/29/17343/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP