ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入れ歯つくるなら保険診療の入れ歯してから作り替えるのが◯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 もしも歯を失ったら…その時、最も身近な選択肢は入れ歯だ。厚生労働省による「平成23年国民健康・栄養調査報告」によると、食事のときにいつも入れ歯を使っている人の割合は、70才以上で60.1%だ。それほど多くの高齢者が使っていながら、自分に合わない入れ歯を使っている人も少なくない。山形屋歯科坂上医院の坂上俊保さんが言う。

「入れ歯を作ったけど噛むと痛い、うまく噛めない、外れやすい、といったトラブルを抱える患者さんは、毎日のようにいらっしゃいます」

 高齢化社会を迎え、入れ歯を作る人は、今後、増加していくとむらおか歯科・矯正歯科クリニック院長の村岡秀明さんは言う。

「若いうちは健康な歯を保てていても、年を取るほど歯周病などで歯を失うリスクはどうしても上がります。インプラントなど新しい治療法も浸透していますが、費用の面でも入れ歯の負担はインプラントと比べてそれほど大きくない。完全自由診療で1本40万~50万円するインプラントに対し、入れ歯は保険診療なら片側の総入れ歯の一部負担が1万~1万5000円、部分入れ歯なら5000~1万3000円です。自由診療でも、インプラントの10分の1程の料金で作れます」(村岡さん)

 入れ歯には、すべての歯が抜けた人のための総入れ歯と、部分的に歯が抜けた人のための部分入れ歯があり、その技術は、この10年で飛躍的に進歩している。

 保険診療で安価に作れる金属のバネを使った入れ歯のほか、全額自己負担の自由診療で費用も高く、金属を使わず樹脂でできているノンメタルスクラプデンチャー、バネではなく磁石で固定するマグフィット義歯など治療の選択肢は広がっている。

 だが、坂上さんが指摘するようにトラブルがあとを絶たないのはなぜなのか。

「原因はさまざまですが、入れ歯の噛み合わせが合っていない、極端な噛み癖がある、抜歯後に顎の骨が歯茎の中でとがっているなどの場合に痛みを感じることがあります。また、保険診療で作る入れ歯には、金属のバネがついているため、口の中で引っかかって話しにくいとか、笑ったときバネが見えるのが恥ずかしいと悩む人もいます」(坂上さん)

 前出・村岡さんは「部分入れ歯は、残っている歯がダメになりやすい」と指摘する。

「部分入れ歯の欠点は、健康な歯に金属のバネをかけて固定するため、気づかないうちにその部分が虫歯や歯周病になりやすいことです。自分できちんとブラッシングするのは難しいので、定期的に歯医者に行ってクリーニングしてもらったほうがいい。

 合っていない部分入れ歯を入れていると、歯茎がやせて、ほかの歯も抜けやすくなります。総入れ歯は手入れが楽ですが、合わないと顔全体のバランスにも影響を与え、顔つきが悪くなります。逆に、いい入れ歯なら20才は若返って見えますよ」(村岡さん)

 安価ですぐできることもあり、初診では、ほぼ全員が保険診療の入れ歯を選ぶという。

「はじめて入れ歯を作るかたには、歯科医自身も、まずは保険診療の入れ歯をお勧めし、患者さんに入れ歯に慣れてもらわなければいけません。自由診療のもののほうがクオリティーが高いといっても、結局、入れ歯が異物であることには変わりません。どうしても耐えられない患者さんもいるんです。保険診療の入れ歯に慣れてから、自由診療のものに作り替えていくかたも多いです」(坂上さん)

 保険診療の入れ歯は、使用できる素材が決まっている上、歯科医師の技術料を最小限にまで抑えた低コストで作っているため、いくら調整しても患者の満足のいくものに仕上げられないこともある。

 しかし、坂上さんは「保険診療の入れ歯もデメリットだけではないんです」と言う。「残っている歯の本数が少なくその歯の状態があまりよくない場合、入れ歯を作ってもすぐに作り変える可能性が高いので、その場合は、高価なものより保険診療の入れ歯で様子を見るべきです。また、保険診療のものは壊れても、どこの歯科医でもすぐに修正することができます」(坂上さん)

 一方で、自由診療の入れ歯は、金属を使い強度に優れたもの、固定にバネを使わないものなど幅広い選択が可能だ。

「歯茎や上顎に接する義歯床と呼ばれる部分に金属を用いた、金属床義歯と呼ばれるものはなじみがよく、利用者も多いです。生体用シリコンを入れ歯の裏に貼り付けたシリコン裏装義歯は、クッション性があり、ぐっと噛んだときの負担を和らげてくれるので、しっかり噛めると喜ばれます。

 ただ、価格が50万円以上と高額な上、生体用シリコンを入れ歯の裏に貼り付けるので、管理が悪いとシリコンの表面に細菌が付きやすいという問題もある。上顎に接する金属のプレートに無数の小さな穴が開いているトルティッシュ義歯は、温度と味をその穴を通過して上顎の口蓋部に伝えることができるんです。調理師さんや料理が好きな人にはピッタリです。しかし、穴の中に食べかすが入り込みやすく、超音波洗浄が欠かせない。怠るとにおいの原因になってしまいます」(坂上さん)

 部分入れ歯では、固定にバネを使わないタイプにこんなものがある。

「ノンメタルスクラプデンチャーは、装着部分のバネが歯茎と同様の色の樹脂でできているので、笑ったときに入れ歯だと気づかれにくい。装着時の違和感もかなり少ないのが特徴です。

 しかし、残っている歯が少ないと不安定になり、充分に噛めないという難点があります。根元と上部が分かれているマグフィット義歯は、歯根に磁性金属を取り付け、バネの代わりに磁石の力で固定します。ピッタリと密着しますが、手入れがより複雑なため、介護が必要になった患者さんの入れ歯が急速に汚れていくのを何度も見ました」(坂上さん)

 自分では清潔に保てたとしても、高齢になれば、介護者も簡単に手入れできることが大事になるという。加齢により、歯茎がやせたり、口の中が変化することで、入れ歯を作り替える必要も出てくる。

 どのような入れ歯を作るかを決めるには、その治療の特徴や費用など納得がいくまで歯科医と話し合うことが重要だと坂上さんは言う。

「生活において、目的とするものはなんなのか。噛めればいいのか、ギュッと噛みたいのか、おいしく食事をとりたいのか。担当の歯科医師とコミュニケーションを取りながら、価値があると思う技術を選べばいいと思います」(坂上さん)

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
入れ歯の価格差 「7000円」と「10万円」の違いは?
画期的な新型入れ歯がいつまでも保険適用にならぬ理由
金属アレルギーや虫歯など差し歯のリスクをどう回避するか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP