ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ガニマタ打法の種田仁 「かっこいいフォーム?憧れない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球界には、常識を覆すようなフォームで活躍する選手が定期的に現われる。それらは奇をてらったものではなく、プロの世界を生き抜くために試行錯誤し、辿り着いたものである。中日や横浜で活躍した種田仁氏の打法が「ガニマタ打法」と呼ばれた。通算成績は打率.264、1102安打71本塁打の、種田氏が語る。

 * * *
 この打法が生まれたのは、プロ11年目。「結果を出さなければ今年でクビ」という時期でした。当時の僕は、打つ時に体が早く開いてしまい、ミートのタイミングが合わずに凡打の山を築いていた。ならば、最初から開いた状態でタイミングを合わせることに集中すればいいと考えて生まれたのが、「ガニマタ打法」でした。

 左足のつま先を投手に向けて膝をグッと曲げる。ガニマタでブサイクかもしれないけど、タイミングも合わせやすいし、ミートの瞬間、バットに力も込められる。その当時、僕は二軍にいて、練習場には口の悪いファンがいっぱいいた。「なんだ、あれ!」と大声で爆笑されたり、ヤジも飛ばされたけど、気には留めなかった。

 毎日、鏡の前でガニマタになってフォームを研究した。結果、この年に3割を打ち、カムバック賞も受賞できました。僕は小さい頃から、カッコいいフォームに憧れたことはありません。どんなフォームでも打てればいいんですから。

 選手生命も延びたし、観客が真似をして「タネ・ダンス」を踊ってくれた。ガニマタに変えて本当に良かったです。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

【関連記事】
滋賀の「ヘリコプター打法」球児 大学でも続けるか考え中
野茂英雄、福本豊、伊藤智仁、王貞治の「伝説の真実」に迫る書
BCリーグのフランコとローズ 独特の打撃フォームは今も健在

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP