ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2080年、地球上から「コーヒーが消える日」がやってくる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催される予定だ。

そこに水をさす訳ではないが、コーヒーラバーたちにとって気がかりなニュースが、海外から舞い込んできた。人生であと何杯コーヒーが飲める?

コーヒーが地球上から姿を消す日

今月初旬、海外の大手メディアはショッキングなタイトルとともにコーヒーが地球上から姿を消す可能性を一斉に報じた。それは、シドニーにある「気候研究所」が発表した「The climate change risks to coffee(気候変動がコーヒーに与えるリスク)」の調査結果に基づいている。

曰く、地球温暖化にともなう気候変動が原因となり、今日主要なコーヒープラントにおける収穫量が、軒並み減少傾向にあること。そして、このまま異常気象が続けば、2080年までに世界中から野生種のコーヒーが絶滅する可能性を否定できない、と。

世界のコーヒーの約7割アラビカ種に絶滅の危機

そもそも、コーヒーの野生種には3大原種(アラビカ・ロブスタ・リベリカ)があるが、現在世界で栽培されるものの約7割がアラビカ種。その原産地はエチオピアと言われている。長い歴史の中でこの国から世界へと渡った原種は、その土地の気候や土壌に合わせてバラエティ豊かな香り・味わいへと変化していった。

品種も豊富で人気もあるこのアラビカ種が、今後70年以内に絶滅の危機を迎えている。こうした懸念は、2012年の時点でもアラートを鳴らしていたようだ。

PLOS ONE」によると、英王立植物園の研究者らが当時、フィールド調査とコンピューターモデリングを組み合わせ、さまざまな気候条件下でのシミュレーションを実施。すべては野生のアラビカ種への影響を調査するため。

結果はコーヒーを愛する人にとって最悪と言えるものに。アラビカ種に適した生息地のじつに66%が消失。全滅の危機も間逃れないという試算だった。

現にエチオピアでは、この50年で年間平均気温が1.3℃上昇。生産量減の要因がここにもある。

絶滅の背景にある
気候変動がもたらしたもの

ところで、コーヒーの産地は赤道を挟んだ北回帰線と南回帰線の間、「ビーン・ベルト」の一帯でのみ生産され世界へと輸出されている。そして温暖化による気候変動は、このビーン・ベルトを毎年のように襲う。

たとえば、異常な高温と降雨に見舞われた2012年の中央アメリカ。大半の農場でコーヒーの木に寄生する「コーヒーサビ病」に感染し、約35万人の労働者が職を失った。

翌年、ハワイ島コナでも病虫害による甚大な被害で生産量が激減。この病虫害は、近年のキリマンジャロ(タンザニア)を襲い、今では20世紀に栽培していた地域よりも300メートルも標高が上昇した、と「The Telegraph」が報じている。

今後、段階的に生産量が減っていけば、当然ながらコーヒー豆の価格高騰も予想される。コンビニの100円コーヒーはおろか、サードウェーブに乗って急速に店舗数を増やした町のコーヒースタンドでも値上げに踏み切らざるを得ないかも。となれば、ボディブローのように効いてくるのは、我々のお財布ではないか…。Reference:The Climate Institute,PLOS ONE,The Telegraph

関連記事リンク(外部サイト)

約20年ぶりに姿を現した「奇跡のウサギ」。地球温暖化に苦しんでいた・・・
99%以上の科学者が「気候変動の原因は人間である」と認識
地球上からいなくなるかもしれない18種類の動物。「ウーパールーパー」が絶滅の危機に!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP