ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

愛する人が殺人犯に似ていても、心から“信じる”ことはできますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『悪人』で国内外から高い評価を得た李相日監督が、再び吉田原作の小説を映画化した『怒り』。

ある夏の暑い日に八王子で起こった夫婦殺人事件。犯人は現場に“怒”の血文字を残し、顔を整形して逃亡を続けた。そして、1年後。千葉の漁港で暮らす愛子の元には田代が、東京の大手通信会社に勤める優馬には直人が、そして沖縄に移り住んできた高校生の泉には田中と、3つの場所に素性の知れない3人の男が現れる。警察が新たに公開した手配写真の顔は、彼らが出会った男に似ていた――。

愛した人は、殺人犯なのか……? 一つの殺人事件をきっかけに、“人を信じること”を改めて強く問いかける。公開は、9月10日より。

怒り
監督・脚本:李相日
出演:渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、広瀬すず、佐久本宝、ピエール瀧、三浦貴大、高畑充希、原日出子、池脇千鶴、宮﨑あおい、妻夫木聡
(2016年/日本)
9/17(土)全国ロードショー
©2016映画「怒り」製作委員会
http://www.ikari-movie.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP