ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菅原小春、子どもの頃から超ファンキーだった

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE金曜23時30分からの番組「TDK SUGAR WATER」(ナビゲーター:菅原小春)。9月9日のオンエアは、菅原小春の子どもの頃からの思い出を、音楽と共に紹介しました!

●小学生時代からひたすら練習

菅原がダンスを始めたには3〜4歳の頃。家の近所のダンスグループで踊るうち、「モーニング娘。」のダンスにハマるようになっていったそうです。

「小学3年生のとき、海のイベントでカラオケ大会のようなコンテストがあって、親友と二人で出て、歌いながら踊ったんです。そのときの曲は、三人祭の『チュッ! 夏パ〜ティ』でした。優勝してでっかいトロフィーとバーベキューセットと10万円をいただきました。あれ? あのときの10万円はどこにいったんでしょう?(笑)」

そのとき「私、イケてる」と思ったという菅原。いつしか、パフォーマンスをして喜んでもらうことが好きになったそうです。小学4年生の頃からは、コンテストに次々に出場するようになります。

「二人で『Glory』という名前のチームを組んで、近くの公民館で毎日のように練習してました。初めて二人で踊ったのは「Survivor」(Destiny’s Child ft. Da Brat)でした。あるコンテストで特別賞をもらって、サンリオピューロランドにゲストダンサーとして毎週出させてもらいました」

菅原は、当時小学生でありながら、いろいろな曲でひたすら練習していたそうです。そんな小学校時代、最後のコンテストで使用した曲は「Immigrant Song」(Led Zeppelin)。

「超ファンキーな小学生だよね! お父さんにお願いして、TLCが着ていたようなダボダボの白いつなぎを作ってもらって、蛍光のスプレーやペンキで色をつけてコンテストに出ました。Led Zeppelinの曲で踊って楽しかったです。それくらい、はじけられることを最近はしてないな〜」

●中学・高校はさらにダンスに没頭

中学に進学すると、新たに「Gemellus」というグループを結成します。とある全国大会に出場したときは、「Ring The Alarm」(Beyoncé)の曲で準優勝!

余談ですが、当時の相方のみなちゃんが先日、結婚したそう。菅原は結婚式で踊ったそうですが、新婦の姿を見て涙が止まらなかったとか。それほど仲が良かったそうです。

高校進学後は、よりアグレッシブなチームで、もっとシリアスな大会に出るようになります。

「夏休みには1カ月間、毎日10時間以上練習してました。頭を振るから、頭が痛くなって、頭痛薬を飲みながら練習してました。コンテストにかける思いが強くて、勝ちたい、勝ちたい、勝ちたいとずっと思ってました」

コンテストで常連だったこともあり、プレッシャーもあったそう。

「表現することが好きなのに、勝ちたいという気持ちに支配されてわからなくなって…。どこかに行きたいって思うようになったときに、YouTubeで海外のダンスを見るようになったんです」

とある先生が「Fallin’ Out」(Keyshia Cole)で踊っているのを見て、「私、この人に会って、この人のエナジーを肌で感じてみたい!」という思いでロスに行くことを決意します。そこで菅原は、必ず先生の斜め後ろのポジションを死守していたそうです。

「覚えるのが遅いから、早く行って先生の斜め後ろを陣取ってたんです。先生からは『またお前か』っていう顔をされてたけど(笑)」

菅原はこれまでの歩みを振り返って「私、小学3年生以降、ダンスしかしてない! でもそのダンスがいろいろなところに自分を導いてくれて、ダンスを通じていろいろな人に出会うことができて、本当に感謝しています」と思いを語りました。こうして菅原小春の人生を振り返る30分は、あっという間に過ぎていきました!

そしてついに、菅原がデザインした同番組オリジナルのトートバッグが完成! メールを読まれた方全員にプレゼントします。番組サイトからどしどしメールを送ってください♪

9月11日(日)には、11時40分頃からの「CHINTAI TOKYO DISTRICT」(ナビゲーター:秋元梢)のゲストとして菅原小春が登場します。こちらもお聴き逃しなく!

【関連サイト】
「TDK SUGAR WATER」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/sugarwater/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP