ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅中の洗濯問題を解決する最強の方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バックパックスタイルの旅行で、とにかく頭を悩ますのが洗濯ですね。面倒ですが、必ずしなければならない作業。できるだけ、短く楽にできる方法はないのでしょうか?

今回は、私の7年間の経験(失敗談)を基に「最強の方法」を考えていきたいと思います。

 

一番手軽だけど欠点の多い石けん

Photo by Ilya Yakubovich

一番手軽な方法は石けんではないでしょうか。下着ですとシャワーついでに石けんで簡単に洗うことができます。しかし、石けんは衣服を洗うには不適なアイテムだと言えるでしょう。

一つ目に、手が疲れます。シャツなどを洗う場合は結構面倒です。二つ目に時間がかかります。混んでいるホステルですと「早くして」というノックが聞こえてくるかもしれません。

 

三つ目に、きっちりすすがないと白く変色します。「それなら、きっちりすすげばいいのでは」と思うでしょうが、すすぐのも案外、手間がかかるのです。

何回か石けんを利用しましたが「効率が悪い、使えないなあ」というのが正直な感想です。

 

袋が破けた洗濯袋

100円ショップに行くと「洗濯袋」を見つけました。「これは使えるのでは…」と思いましたが、全くの期待外れました。旅行中、水を入れて洗うと袋自体が破けてしまったのです。

使い方が悪かったのかもしれませんが、後味の悪い結果となってしまいました。

 

正解だった携帯バケツの使用

Photo by 新田浩之

「何かいい方法はないか」とネットで探してみると、アメリカ発の「携帯用洗濯袋」を見つけました。確かに外見は丈夫そうですが、価格が7,000円以上もします。さすがに、旅行グッズで5,000円以上の出費はキツイですね。

 

そこで見つけたのが「携帯バケツ」(ロゴス ソフトバケツ アクアFDバケツ)です。価格も2,000円ほどでそれほど高くありません。

一応「携帯」とついているので、このように畳むことができます(但しバケツなので、絨毯のようにペタンコにはできません)。

Photo by 新田浩之

そして、洗剤はワンパック型洗剤を購入しました。このように小さな袋状になっており、スマートフォンよりも小さいサイズです。これをバケツの中に入れておけばいいのです。

Photo by 新田浩之

早速、温水を入れてみましょう。温水を入れるとみるみるうちに立派なバケツへと変身!温水一杯で縦サイズが約25センチとなります。たっぷりと温水が入れられるので、簡単に押し洗いで衣服を洗濯できます。

この水量ですと、ワンパック型洗剤もある程度溶けます。ただし、使い終わった後はしっかりとすすぐようにしましょう。

 

干す際は洗濯紐を使用

Photo by 新田浩之

干す際は、100円ショップで販売されている洗濯紐を使用しましょう。両端をベッドの柱にまきつけ選択物を干すと、ドミトリーの2段ベッドでもちょっとしたプライベートな空間ができます。

 

最後に

今回紹介した携帯バケツですが、大災害の際にも使用できると思います。阪神大震災の経験から、断水すると案外困るのが水を運ぶための容器なのです。その点、携帯バケツは便利なアイテムだと思います。

関連記事リンク(外部サイト)

スリ被害を99%防げる⁉︎ ナイフも勝てないバックパックが登場
荷物多すぎ問題にさようなら♡旅好き女性12名が選んだ「海外旅行にいらない持ち物」はコレ!
旅行中でも必ずやっておきたいスキンケア!5年先にも後悔しないためにしておきたいことリスト
夫婦の旅行が素敵な時間になる持ち物5選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP