ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

時給20ドルの優良求人も!オーストラリアで私が経験したワーホリの仕事

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オーストラリアのワーキングホリデーと一口に言っても、英語力アップだけでなく、ファームショブをして2年間のビザを取得したり、サーフトリップしたり、海外生活の目的は人によってさまざまです。

オーストラリアは世界一最低賃金の高い国で、2016年現在も最低賃金は1時間17.29ドル。

ワーキングホリデービザでは、同一雇用主の元で6か月間働くことが可能。英語力があれば仕事の選択肢は広がりますが、英語力がままならなくても就ける仕事もあるんです。

 

セカンドビザを取得し約2年間オーストラリアで働いた私が、実際におこなった仕事についてご紹介します。

 

野菜のピッキング (バンダバーグ、クイーンズランド州)

photo by pixabay

オーストラリアの物価は決して安くはなく、宿泊費や食費、交遊費もけっこうかかるのが現実。

オーストラリアに着いて、まず語学学校などに行くのも良いですが、ホステルや職場でできた友達とおしゃべりをしながら英会話力を身につけるのも一つの手です。

英語力もままならないけど、とにかく働きたい人にオススメなのがファームジョブ。私は、オーストラリアに着いてすぐに働き始めました。

photo by shutterstock

私が初めに行ったクイーンズランド州のバンダバーグという町では、ホステルでファームの仕事を斡旋してくれました。主に、ズッキーニのピッキング(収穫)シーズンで、他にもトマト、スイートチリ、アボガドなどの仕事もありました。

収穫の仕事では、収穫量(バケツの値段と数)で給料がもらえることがほとんどです。

 

1日に稼げるお金は収穫量によって変わるので、野菜の有無やその人の体力などでも大きく差がありますが、私の場合で1日に40ドルから時には200ドル以上稼ぐことができました。

photo by shutterstock

ただ、オーストラリアの畑はべらぼうに広く果てしないです。時に炎天下にさらされ、雨に打ちつけられ、真っ黒になりながらの仕事です。

言葉が多少通じなくても、一緒に働く仲間たちとは格別な友情が生まれます。仕事が終わって仲間と一緒に飲むビールは格別でした。

 

こういったファームジョブは、オーストラリアの全土で季節によっていろいろあります。ただ各作物のメインの収穫シーズンは2〜3か月で終わってしまうことが多く、その度に次の仕事探す必要があります。

 

バナナファクトリー(タリー、クイーンズランド州)

photo by pixabay

バナナの仕事は、男性は収穫または工場の仕事になりますが、女性は工場でソーティング(腐ったバナナを取り除いたりする仕事)やパッキング(梱包)の仕事などがあります。

それがなんと時給18〜20ドル。

 

バナナファクトリーの仕事は、タリーのホステルで仕事を斡旋してくれます。ただし、そのホステルに泊まっていることが条件。仕事が決まれば、工場のバスが毎朝規定の場所に迎えに来てくれます。

時給制で安定したお給料がもらえるので、この町で稼いでお金を貯める人も多いです。ファームジョブと同じく、セカンドビザ取得対象の仕事にもなっています。

 

クレイフィッシュファクトリー(ジェラルトン、ウエスタンオーストラリア州)

photo by pixabay

パースから北へ約500kmにあるロブスターで有名な町ジェラルトン(Geraldton)。ロブスターの中でも伊勢エビの仲間で、通称「クレイフィッシュ」と呼ばれています。

シーズンになると、たくさんのバックパッカーたちがジェラルトンのロブスター工場に働きにやってきます。賃金はは時給制で、給料が安定しているので、バックパッカーたちにも人気の仕事です。

 

男性は、漁師さんが獲ってきたロブスターを運んだり、仕分けしたロブスターを出荷するためトラックに運んだり、水槽を掃除したりする仕事。女性は、ロブスターの重さを測って仕分けする仕事が主です。

時給は18〜20ドル、繁忙期には土日祝日の出勤や残業もあり、時間給が1.5倍以上になりました。

 

レストランBARとホステルのクリーナー(ジェラルトン、ウエスタンオーストラリア州)

photo by pixabay

無事セカンドワーキングホリデービザを取得し、ワーキングホリデーも2年目、英語力も着いてきた私は、今までやってみたかったローカルのレストランBARでキッチンハンドの仕事をもらうことができました。

賃金は時間給で20ドル、夜10時以降は25ドル、土日は27ドル、おいしいまかないも付いていました。

photo by shutterstock

オーストラリアに来たからには、オーストラリア人と一緒に働いてみたいとずっと思っていました。いい感じに気の抜けたオーストラリア人や、いつもご陽気なイタリア人シェフたちと一緒に働けたことは私にとって一生の思い出になりました。

また日中時間が空いていたので、ホステルのクリーナーの仕事ももらい、宿泊費は無料でした。

 

半年間この町でお金を貯めて、車を購入しました。気の合った友達とキャンプで旅をしながら北上した後、南のマーガレットリバーという町へ、次はワイナリーの仕事を求めて旅に出ました。

 

ワイナリーでブドウの収穫とワイン作り(マーガレットリバー、ウエスタンオーストラリア州)

photo by pixabay

パースから南へ約300kmにあるマーガレットリバーは、ワインとサーフィンが有名な町。大小120以上のワイナリーがあります。

町にいくつかある派遣会社に登録すると、ブドウの木の手入れや収穫の仕事、ワイナリーでのソーティング、ワインの瓶のシール貼りなどの仕事などを斡旋してくれました。

賃金は仕事によって時給制だったり収穫量だったりしました。

 

休みの日や仕事が終わった後にワイナリー巡りをしたり、ヨガクラスに行ったり、仲間とキャンプや釣りを楽しんだり…。息を呑むほど美しいビーチ、インド洋に沈む夕日、どれも最高のロケーションでした。

photo by pixabay

いかがでしたか?オーストラリアのワーキングホリデーで、働きながら旅をして世界中の仲間に出会いました。その時に出会った友達とは今でも連絡を取り合って、ヨーロッパやアジア、日本、さまざまな場所で再会したりしています。

語学学校や海外での仕事体験で、普通では出会えない世界中の仲間とたくさんたくさん交流して、かけがえのないワーキングホリデー生活を送ってください。

関連記事リンク(外部サイト)

ワーキングホリデー前にオススメしたい!フィリピン留学のここがイイ!
当てはまる?海外に一歩踏み出すべき3つのタイミング
稼げる・遊べる・旅できる!三拍子揃ったリゾートバイトが魅力的すぎた
カナダでワーホリを楽しむために知っておきたい5つのこと

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP