ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セブ島旅行を120%楽しめる「アイランドホッピング」を徹底解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

皆さんはフィリピンのセブ島で今話題になっている「アイランドホッピング」というアクティビティーをご存知でしょうか?

アイランドホッピングは、セブ島周辺の美しい島々を心ゆくまで堪能できるアクティビティーとして、今大きな注目を集めているんです。

今回の記事では、そんな注目のアクティビティー、セブ島を120%楽しめるアイランドホッピングについてまとめてみました。読めばきっと、アイランドホッピングに参加したくてウズウズしてしまうこと間違いなしです!

 

アイランドホッピングとは?その魅力は?

Saori Kashimaさん(@kassssys)が投稿した写真 – 2016 9月 6 7:01午前 PDT

「アイランドホッピング」とは、ボートをレンタルしてセブ島近海の小さな離島へ遊びに行き、シュノーケルやBBQなどをして楽しむ遊びです。

セブ島近海の離島には、それぞれ、多くの人々を惹きつける素敵な魅力があります。ですから、様々な島を訪れても飽きることがありません。

また、海や島は季節によって異なる表情を見せてくれるため、つい何度も足を運んでしまいたくなるのです。

 

参加前の準備

Saori Mitaniさん(@s_a_o_1_6)が投稿した写真 – 2016 7月 23 10:43午前 PDT

いかがでしょう?アイランドホッピングに参加したい!という気持ちが湧いてきましたか?

では、早速アイランドホッピングに参加する準備を始めましょう。まずは服装ですが、ボートに乗って離島へ行くので、海の波の具合によっては濡れてしまう場合があります。

ですから、水に濡れても構わない格好をしていきましょう。始めから水着を着て参加するのもオススメです。

寒くなるといけないので、羽織ることができる服も忘れずに持っていきましょう。

持ち物ですが、海に入るのでサンダルや水着は忘れないように。またフィリピンは日差しが強いので、日焼け止めも塗るようにしましょう。

必要な方は、帽子やサングラスなども忘れないようにしてください。

夏だし日焼けしたい!という方は、オイルを持って行くのもオススメです。

シュノーケルセットは、基本的にレンタルできる場合が多いので、自分で用意する必要はありません。

 

パンダナン島

photo by pixta

セブ島のアイランドホッピングといえば、まずここ!「パンダナン島」は、天国の小島と呼ばれるとてもきれいな島です。

白砂浜とエメラルドグリーンの海がとても清々しく、また、白い遺跡をイメージしたモニュメントがあり、どこかロマンチックな雰囲気が漂います。

長く続く白い砂浜にはコテージがあり、友達や家族でBBQなどを行うのに適しています。ゆったりとした時間を過ごせそうですね。

 

ヒルトゥガン島

Yuka Ohtsukiさん(@beeeach18)が投稿した写真 – 2016 7月 3 4:00午前 PDT

島の西半分が全て「サンクチュアリ」と呼ばれる珊瑚保護区に属している「ヒルトゥガン島」。

水深10mほどのところにはツバメウオの大群、さらにはロウニンアジやバラクーダの群れも生息しています。

海の透明度が高く、ダイビングにはもってこいの場所です。

 

ナルスアン島

photo by pixta

セブ市近海で一番小さな離島で、外周は100mもないくらいです。島全体がリゾートになっており、竹でできたコテージが複数あります。

さらに「ナルスアン島」には、島よりも長い桟橋がかかっており、桟橋周辺にはたくさんの熱帯魚が集まってきます。シュノーケリングすれば、可愛い熱帯魚の群れと一緒に楽しく泳ぐことができますよ◎

 

カオハガン島

photo by pixta

この「カオハガン島」は、なんと!「何もなくて豊かな島」の著者である崎山克彦さんが有する、日本人オーナーの島です。島には雰囲気の良いコテージがあり、そこでは美味しい海鮮料理をいただくことができるそう。

また崎山さんは、カオハガン島に住む島民のために、キルトという新しい産業を提供しました。島民が作ったキルト織物の作品は、実際に島で販売されています。

 

オランゴ島

あおさん(@ao8020)が投稿した写真 – 2016 3月 24 5:29午後 PDT

「オランゴ島」は、セブのマクタンの港から、ボートで約20分ほどで訪れることのできる小さな島です。

珊瑚礁に囲まれている「オランゴ島」は、島の全域が保護区となっています。また島の東部にはマングローブ湿地が、南にはラグーンがあります。手付かずの豊かな自然の中で、ゆっくりとした時を過ごすことができます。

 

もっともっと、リゾート気分を味わおう!

フィリピンのリゾートとして知られるセブ島。しかしながら、セブ島だけでなく、その周辺にもとても魅力的な島々がたくさんありますね。

島の美しさをじっくりと堪能しながら、仲間や家族とバーベキューやシュノーケリングを楽しむ…まさに最高の時間です!皆さんも、ぜひアイランドホッピングに挑戦して、素敵な思い出を作ってくださいね。

関連記事リンク(外部サイト)

にゃんこ注意報!猫で溢れかえる「猫島」5選
【夏と言えばダイビング!】ダイブマスターが教える、プロへの道のり
佐渡島のおすすめ観光スポット7選
ベトナムの人気上昇中ビーチリゾート9選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。