ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ごめんなさい」が必ず伝わる“ずるい”英会話術

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE土曜朝6時の番組「POP OF THE WORLD」(ナビゲーター:ハリー杉山)。毎週、乃木坂46の齋藤飛鳥がハリー杉山から英語レッスンを受けるワンコーナー「HARRY’S ENGLISH CLASS」。9月10日のオンエアでは、リスナーから「お母さんと口喧嘩してしまった後、気まずくならないフランクな謝り方を教えてください」というメールにお答えしました。

さらに、メールには「ハリー杉山さん、飛鳥ちゃんと口喧嘩したというシチュエーションで、飛鳥ちゃんに謝ってみてください」とのリクエストが。

「もし僕が飛鳥ちゃんと口喧嘩した場合であれば、フランクな謝り方はできないと思います(笑)」(ハリー)

そんなハリーがレクチャーする、喧嘩してしまった後の謝り方がこちら!

「I’m…I’m really sorry.」(本当にごめんなさい)

ポイントはさらっと言うのではなく、「I am」を何度か“かみながら”言うとのこと。「これ、けっこう高度な技ですよ」とハリー。齋藤にコツを伝えるために、何度もかみながら「アム、アムアム…」と連発するハリーに、齋藤は爆笑。

これがうまく言えると、「『この人はかむほど反省しているんだな』ってわかるんで。伝わると思いますよ」とハリー。しかし、「えー。本当ですか? ずるい(笑)」と半信半疑の齋藤(笑)。

ハリーは「口喧嘩しているときに、相手の言葉が耳に入ってこないくらい、本当に反省してます! っていう、ずるい技ですけど使ってほしいです!」とオススメしていました。

ちなみに、「really」は、“R”と“L”が入っているため日本人にとっては発音が難しいので、こちらの発音練習もお忘れなく!

【関連サイト】
「POP OF THE WORLD」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popworld/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP