体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Temples『Sun Structures』Interview

temples_0021

2014年2月にリリースしたデビュー盤『サン・ストラクチャーズ』が世界的に大ヒット。日本においても、フジロック出演や単独公演などで着実にファンを拡大させてきたサイケデリック・バンド、テンプルズ。新作を期待する声が高まっているなか、先日サマーソニックにて開催された「HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER」に登場した。早朝の登場であったものの、多数のオーディエンスの熱狂のなかでおこなわれたパフォーマンス。アルバム発表から2年半、さまざまな経験をし、着実に進化を遂げた彼らの現在がわかるステージになっていた。

 

──日本でのパフォーマンスは1年ぶりだと思うけど、「HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER」のパフォーマンスはどうだった?

ジェームス・バッグショー(Vo& G、以下ジェームス)「うん。最高だったよ。今回もたくさんの人が熱狂して、自分たちのステージを楽しんでいる雰囲気が伝わってきたからね」

──でも、デビュー作をリリースしてから、2年半も経っているだなんて。バンドにとって、この2年半ってどんな時間だった?

サム・トムズ (Dr、以下サム) 「そうだね……。いろんなことが起こり過ぎていて、自分たちでも何が起こっていたのか覚えてないくらいなんだ(苦笑)」

トーマス・エジソン・ワームスレイ (B&Cho、以下トーマス) 「新人バンドとして紹介(=NMEの “ベスト・ニュー・バンド・オブ・2013″ リストに選出)されてからの3年間、本当にあっという間だった。でも、人生の考え方や音楽性など、少しは以前と比べて大人になったのかなとは思うんだけどね」

temples_0045temples_0064

──日本を含む世界をツアーでまわってみて、一番音楽的に進化・変化した部分って具体的にはどこにある?ジェームス「知識ってさ、時に創造力の邪魔になることがあるんだよね。あんまり考え過ぎて、曲を作ってしまうとせっかくのいいアイデアが台無しになってしまうこともしょっちゅう。だから、オレたちはいろいろと経験しているけど、それをどう音楽に反映させようとか、一切考えないようにしているんだ。結成当初と同様、自分たちの直感を信じてやりたい音をやっていく。それだけだよ。最近はこの傾向がより強くなってきている気がするよ」

トーマス「前作は、長いバンド人生の第一歩。これからいろんなものに巡り会い、進化していく。ただそれだけのことなんだ」

──「HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER」では、新曲も披露。サイケデリックとはひと味異なる、よりエッジのきいた音になっていると大評判になっていたけど。

ジェームス「ああ。本当はあそこで3曲の新曲を披露する予定だったんだけど、時間の都合で2曲になってしまったんだ。もっと(新曲の)ボリュームが多かったら、バンドの今を伝えることができたんだけどね。ただ、確かに『サン・ストラクチャーズ』の頃に比べたら、進化しているんじゃないかな。(新曲は)あまりエフェクトを効かせず、ヴォーカルに時間をかけ、さらに明確に聴き手に伝わる歌詞にしようと思って制作したものなんだ。以前は、モヤがかかった、かなり抽象的なサウンドだったからね。もちろん神秘性は失われていないんだけど、もっとクリアな音になったという感じ」

──もうアルバム制作はスタートしている?

アダム・スミス (Key、以下アダム) 「制作中だよ。これっていうコンセプトとかはないんだけど、サイケデリック感は確かに減っているかな。でも、(サイケ・バンドと言われるのが嫌で)狙って、そういう音にしているつもりはない。自然な流れで、そうなった感じ」

トーマス「ボクら元々サイケ・バンドになろうと思ってバンドを始めた訳じゃないからね(笑)。次のアルバムは、もっと自由な感覚で楽しんでもらえる仕上がりになっているはずだよ」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。