ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

吉田栄作がうだつのあがらないラーメン屋店主役に挑戦

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 9月21日にNHK・BSプレミアムでドラマ『進め! 青函連絡船』がオンエアされるが、同作の試写会と出演者による「ごあいさつ」が9月1日、NHKで行われた。参加したのは、主演の吉田栄作(47才)と、出演者の田畑智子(35才)、平泉成(72才)。

 同作は、青函トンネルが開通する前に青森と函館を結んでいた青函連絡船に焦点を当てたストーリー。船内食堂の名物だった「海峡ラーメン」をめぐるハートフルコメディードラマだ。

 吉田は、うだつのあがらないラーメン店の店主役を演じるが、「湯切り」の練習をしたところ、麺がすべて外に出るというアクシデントも。

 ストーリーでは、「海峡ラーメン」が唯一の売りだった吉田の店に認知症の老人を連れた一団がやってくる。認知症の男(平泉)の記憶を取り戻すには青函連絡船の中でラーメンを食べる必要がある…。一瞬ハートフルに見せておいて実は裏には…といったストーリーだ。

撮影/浅野剛

【関連記事】
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。