ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

朝食にもおやつにも! 冷凍バナナでキレイになれる!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

栄養価が高いことで知られているバナナですが、女性に嬉しいキレイになれる成分も豊富に含んでいるんですよ。しかも、冷凍すると効果がアップするんです。今回は冷凍バナナの嬉しい効果とその作り方を紹介します。

バナナの栄養はこんなに凄い

むくみをとり、足がつるのを軽減してくれるカリウム、免疫を高め美白にも効果があるビタミンC、便秘を改善してくれる食物繊維、抗酸化作用のかたまりであるポリフェノールが豊富に含まれています。特にポリフェノールによる若返りについては、バナナを食べ続けることで肌の潤いや弾力、きめ細やかさに効果があることが科学的に証明されています。甘いのに低カロリーで、食べるとすぐにエネルギーに変換されるため、朝食やスポーツの合間、おやつにもおススメ。

冷凍すると良いことがたくさん!

しかもバナナは冷凍することで、そのポリフェノールの効果が2倍に増えることが明らかになっています。ということは、若返り効果も2倍に! お肌の若返りだけではなく、ストレスでも増えてしまう活性酵素を取り除いてくれるので、体のサビを取り、臓器や血管を健康に保ってくれるのに役立ちます。デトックス効果も嬉しいですね。すぐに熟して茶色くなってしまうバナナですが、冷凍すれば保存も効くし、甘みも増えるのでダイエット中でもアイス感覚で食べられます。

冷凍するときの注意

冷凍保存のタイミングは買ってきてすぐではなく、よく熟してから。茶色の点々のシュガースポットが現れたころに栄養価が最も高まり甘さも出るため、シュガースポットが出現してから冷凍しましょう。シュガースポットがあるバナナは無いものと比べて8倍も免疫力を高める効果があるそう。皮をむいた状態で1本のままラップに包んでもいいですが、輪切りにしておくと食べやすいですね。ラップに包んだ状態で潰しておけば、冷凍のままポキポキ折ってバナナミルクにしたりミックスジュースに使えます。実はバナナの皮には栄養素が豊富に含まれていて、すりつぶしたり加熱して食べることができるんです。洗ってよく乾かしたあと、皮付きのまま冷凍すれば、そのまま調理できるので便利。ラップで包むときには空気が入らないようにピッタリ包みましょう。

冷凍するだけで栄養価が高まって美味しくなるなんて驚きですね。夏には特に活躍するので、ぜひ試してみてくださいね。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。