ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー・デップ、ノトーリアス・B.I.G.と2パックの殺人事件を描く映画に主演交渉中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョニー・デップが、映画『リンカーン弁護士』の監督を務めたブラッド・ファーマンが監督するクライム・スリラー映画『Labyrinth(原題)』へ主演交渉中だ。

情報筋が認めたところによると、デップは、ロサンゼルス市警の刑事でラッパーのノトーリアス・B.I.G.とトゥパック・シャクールの殺人事件を捜査したラッセル・プールを演じる予定だ。

同作は、グッド・フィルムズがプロデュースを手掛ける。UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)とWME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー・エンターテイメント)・グローバルが、アメリカ国内における権利の共同代理人となり、グッド・ユニバースが米国外の世界向けのセールスを担う。

クリスチャン・コントレラスが、書籍『Labyrinth: A Detective Investigates the Murders of Tupac Shakur and Notorious B.I.G., the Implication of Death Row Records’ Suge Knight, and the Origins of the Los Angeles Police Scandal.(原題)』をもとに同作の脚本を執筆した。

プールは勲章を受けた刑事で、数か月にわたってB.I.G.こと本名クリストファー・ウォレスの殺人を捜査し、最終的には、シュグ・ナイトのデス・ロウ・レコードと手を組んだ腐敗した警察官のグループが犯行に関与したと判断していた。これは後に、ロサンゼルス市警の署長との衝突に繋がり、プールは、抗議の証として早期退職することとなった。

デップは最近、映画『アリス・イン・ワンダーランド 時間の旅』に主演し、映画『Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales(原題)』にも主演する。デップは、UTA(ユナイテッド・タレント・エージェンシー)と代理人契約を結んでいる。

このニュースは、Screen Dailyが最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP