ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「任天堂vs.ソニー」勝者は? マリオアプリ&新型PS4発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


9月8日、アップルとソニーの新製品発表会がともに行われた。アップルの発表会では、任天堂がiPhone向けアプリ「スーパーマリオラン」、ソニーは「新型PS4」を発表。「任天堂vs.ソニー」の図式が浮かび上がったとネットで話題になっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

アップルの発表会では、iPhoneシリーズ最新機種「iPhone 7」の発表が注目されているなか、意表をつく形で任天堂の代表取締役の宮本茂氏が登壇し、片手で遊べるゲームアプリ「スーパーマリオラン」の12月リリースとゲーム概要をプレゼンした。

一方、ソニーは、4KとHDRフォーマットの動画に対応し、グラフィック性能を向上させたハイエンドモデル「PS4 Pro(プロ)」を11月10日に、現行のPS4を薄型に改良した「PS4 Slim」を9月15日に発売すると発表した。

同日に行われた両社の発表にTwitterでは、

「先程のApple発表会にNintendoからマリオの発表あったけど、その一方で今先程ではSONYから新型PS4…忙しいね 苦笑」
「アップルと手を組んだ任天堂vs新型PS4発表ソニー」
「Android+sony iPhone+Nintendo みたいな構図になりそうなー」
「今晩は『任天堂はスマホ、ソニーは据え置きゲーム機でがんばります!』という方向性の見える3時間でしたな」

と、「任天堂vs.ソニー」の図式がイメージできる、と指摘する声が続出。対決の行方については、

「完全に市場の話題はApple,Nintendo>>>>>>>SONY」
「任天堂とAppleが手を組んだようです(SONYがホントに終わりそう)」
「今回のアップルとソニーの発表、蓋開けてみればまた任天堂お得意の“被せ”が華麗に決まってしもたよなぁ。ほんまニンテンえげつないでぇ…」
「スーパーマリオランでストップ高気配の任天堂株価と、新型プレステ4発表してもピクリとも動かないソニーの株価。 この差はなんだろう」(原文ママ)

など、任天堂優勢とみる人が多いようだ。

任天堂とソニーの戦いの歴史を振り返ると、据え置き機では「NINTENDO 64vs.プレイステーション(PS)」「GAMECUBE vs.PS2」「Wii vs.PS3」「WiiU vs.PS4」。携帯機では「ニンテンドーDS vs.PSP」といった具合で長きにわたり熾烈な戦いを繰り広げてきた。

今回の発表で、「ニンテンドー2DS」の単品での販売(これまではゲームソフトとのセット販売)と「PS4 Slim」の発売がともに9月15日となり、激突が決定。さらに任天堂は、次世代ゲーム機「NX」のリリースを控え、対するソニーは仮想現実(VR)を楽しめる周辺機器「PSVR」を10月13日に発売予定だ。

奇しくもアップルの発表会で任天堂が登壇し、ソニーの発表会と重なることで、これから巻き起こるであろう“激戦”をユーザーに予感させた今回の出来事。はたしてライバル対決の軍配はどちらに上がる?

(山中一生)

(R25編集部)

「任天堂vs.ソニー」勝者は? マリオアプリ&新型PS4発表はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

任天堂から『桃鉄』復活で「名作ゲーム救済希望」の声
「130試合した」『ファミスタ』30周年に感慨の声多数
生死かけてセンター争い? 異色アイドルゲームが話題
ポケモンGO 鳥取砂丘にポータルがたくさんある理由
iPhone7 大きな変更は「●●廃止」だけ?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。