ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホを水平にしたまま前面を撮影できる!新発想のカメラアクセ「PRISMO」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホで撮影するときは、バック・フロントどちらのカメラで撮影するにしてもスクリーン面を自分に対しほぼ垂直になるように構える。

ごく当然のことだが、そうではなくてスマホを水平にした状態で前面撮影できるアクセサリーが登場した。自撮りに使うフロントカメラの上に固定して使う「PRISMO」だ。

・バンドで固定するだけ

PRISMOは、スマホを机の上に置いたり、自転車のハンドルに固定したりとスクリーンを上向きにした状態での前方撮影を可能にする。

使い方はとても簡単。フロントカメラを覆うようにPRISMOをバンドで固定し、カメラアプリを立ち上げてフロントカメラを選ぶ。

するとPRISMOが捉えた映像がスクリーンに映し出され、写真、ビデオ問わずに利用できるようになる。

・ローアングル撮影に

スマホを水平にして撮影できることのメリットは、まず机などにおけるので手で端末をホールドする必要がなくなることが挙げられる。タイマー機能のあるカメラアプリを使えば、集合写真の撮影にも活用できそう。

また、ローアングルから撮影することで、これまでと一味違った作品になる。例えば、床をはっている赤ちゃんを、赤ちゃんの視点より低いポイントから撮影することも可能になる。

・2500円の出資で

PRISMOはきわめてシンプルなアクセだが、発想がユニーク。一つ持っていると撮影の幅が広がりそうだ。

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで資金を調達中。25ドル(約2500円)の出資で入手できる。出資期限は10月1日。

PRISMO/Kickstarter

https://ksr-video.imgix.net/projects/2310453/video-700259-h264_high.mp4

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP