ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いろいろ食べ飽きたから! 聞いたことない世界の料理にダイブ【まとめ記事】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゲームをしながら街をテクテク。食べ歩きもしてる『メシ通』編集部です。

食べ歩き大好きだけど、飽食感も若干ある。休暇で海外へ行きたいけど、どこへ行く予定もない。だったら食で満たされましょうよ! ということで珍しい世界の料理記事をまとめてみました。

まずは、おそらく日本で唯一のモルドバ料理のお店、「NOROC(ノーロック)」。

お店は亀戸にあります。

そもそもモルドバどこやねん、の方、東ヨーロッパの一国でございます。

大きさは九州よりもやや小さく、人口は約360万人だというから静岡県の人口とだいたい同じぐらい。

スタッフのパウラさん。


「トカナ」(850円)。タマネギの煮汁で豚肉、唐辛子、スパイスで煮込んだ、モルドバ料理。マッシュポテト、ピクルス、イタリアンパセリ、トマトがつく。豚の生姜焼きのような和風肉料理というかんじで、ボリューム満点。


こちらは「ルーレット」(630円)。モルドバではパーティで必ず出される一品だ。香りや見た目は卵焼きに近い。チリソースで召し上がれ。


「ルーレット」を割ってみると、チーズやしいたけを鶏肉で巻いたチキンロールのような中身だった。「肉で巻いた春巻きみたい」とは同行した『メシ通』スタッフの感想。


「肉のパプリカ」は大きなピーマンのパプリカにひき肉、その上に溶かしたチーズ、そしてマヨネーズ。肉は鶏と豚と牛のミックスに、茄子、トマト、ねぎを加えてこねたというから相当手間がかかっている。ハンバーグのように焦げ目はなく、ホクホクして柔らかめ。


このお店では、ぜひモルドバ特産のワインを味わうべき。高級なものから手頃なものまで揃っており、ボトルはなんと14種類。中でもこのカベルネ・ソーヴィニヨン(赤・辛口)は高級な逸品で1本1万5,000円也!

うーん、気になりますね。

お次はアルゼンチン料理のお店、代々木上原にある「ミ・チョリパン」。

おすすめは、店名にもなっている「チョリパン」!


蒸し暑い時季にぴったりなのが、スパイシーな食べもの。香辛料のきいた料理が好きな人に強力おすすめしたいのが「チョリパン」なんです!


店主の中尾さんは現在、34歳。現地のブエノスアイレスで出会った「チョリパン」の味に惹かれ、日本でも提供をはじめるべく修業。「どうせやるなら“チョリパン風”じゃなくて、本当の現地の味を再現したかった」。


これがその極太チョリソー! まさに、はちきれんばかりっ。間近に見ると、もーっと迫力あるんですよ。ちなみにチョリソーというと、辛いソーセージを思われる方が多いでしょうがそれはメキシコ式なのだそう。


「チョリパン」に欠かせないのが特製のソース、「チミチョリ」です。「チミチョリ」とは、ドライオレガノを中心としたハーブ、ビネガー、オイル、香辛料を混ぜ合わせたもの。中尾さんいわく「アルゼンチン料理には欠かせないソース」。

さてそのお味は!?

最後は、巣鴨にあるモンゴル料理店「シリンゴル」!


羊肉蒸し饅頭のボーズ(700円)。黒酢をつけて食べるのは内モンゴル風か。中国の饅頭、チベットのモモ、ロシアのペリメニと北東アジアにはこの手の料理が各地にある。

やっぱりハズせない定番料理「チャンサンハマ」


日本人にとっては珍味に思える羊の脳みそ(1,000円)も現地ではポピュラーな一品。1頭分の脳みそを羊肉スープで煮込んだもので、見た目こそグロいものの、豆腐のような 柔らかさとレバーのような後味で意外に食べやすい。


これが本日のメインディッシュの「チャンサンマハ」(1,500円)。骨付き羊肉を塩茹でしたシンプルな料理であり、モンゴル料理の定番中の定番である。

さてそのお味は!?

世界を回った気になった今回のまとめ記事。東京にいればなんでも食べられると思っていたけど、まだまだ未開拓の料理があることを知りました。次はいずこへ!?

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:「メシ通」編集部

食を楽しみたい人のためのWebマガジン「メシ通」編集部です。 Twitter:@mesitsu

関連記事リンク(外部サイト)

【マンガ】「マグロのカマ」を今夜の酒の肴にしてみる【絶品! 晩酌天国】
【酒のつまみ】たまごかけご飯に絶品すぎる「冷凍たまご」を科学する【理系メシ】
猫ブームに便乗してるだけですが何か? 猫のお店集めたよ。【猫まとめ】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP