体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賃貸でもつけられる? 断熱性は? 気になる「ブラインド」

生活・趣味
賃貸でもつけられる? 断熱性は? 気になる「ブラインド」

遮光や目隠しのため、窓の内側に取り付けるブラインド。おしゃれなイメージがあるものの、賃貸などではカーテンレールがすでに設置されていることから、ブラインドではなくカーテンを選ぶ人が多いかもしれません。しかし、実はカーテンレールがついたままでも簡単に設置する方法もあるのだとか。最近のブラインドの特徴、選び方などとともに紹介します。

カーテンにはないブラインドの特徴はズバリ“調光”

お話を聞いたのは、ブラインドメーカー大手・立川ブラインド工業の稲垣可奈子さん。イタリアのベニスが発祥といわれるブラインドは、「デザインだけではなく、実はとても優れた機能をもっているんです」とのこと。

「大きな特徴のひとつが『効率の良さ』です。スラット(ブラインドの羽根)の開閉で光を調整し暗くしたり明るくしたりできるので、光を手軽に、そして細かく加減することが可能になります。例えば、スラットの角度を上向きに変えて、スラット自体に光を反射させることで、天井の方に光を拡散させることができるんですね。そうすると、天気がいい日は照明がいらないくらい室内が明るくなるので消費電力の節約になります。

また、高層マンションが隣接している場合、上からの視線も結構気になるのですが、スラットを全部閉めずに角度を変えるだけで、適度な明るさを保ちながら目隠しが可能になります」(稲垣さん、以下同)

裏を返せば部屋を真っ暗にするのは、若干苦手なのかも? 夜中の光漏れも気になるところですが……。

「一般的なブラインドは、昇降コードを通す穴から光が漏れるため、100%の遮光は難しいのですが、取り付け方や製品によっては解消されます。窓枠を覆う形でブラインドを取り付けることもできますし、薄いレースのカーテンをブラインドに換えて、分厚くて遮光性の高いカーテンで覆う二重掛けというやり方もあります。また、最近では、スラットに穴のあいていない遮蔽性に優れたブラインド(画像1)もあります。これらは、遮光性を高めるとともに、断熱効果も上がるため、大変機能的です」【画像1】とくに白いブラインドはより光を反射してくれるので、目隠しをしながら太陽光をしっかりお部屋に取り込んだり、熱を反射できたりするそう(写真提供/立川ブラインド工業)

【画像1】とくに白いブラインドはより光を反射してくれるので、目隠しをしながら太陽光をしっかりお部屋に取り込んだり、熱を反射できたりするそう(写真提供/立川ブラインド工業)

ちなみに、最近トレンドのブラインドはあるのでしょうか?

「昔の住宅では、窓も小さかったため15mm幅のブラインドが売れ筋だったのですが、最近は大きい窓が好まれており、太いタイプのほうが人気です。とくに25mm幅のブラインドが売れていますね。大きな窓では、スラットの幅が広いほうがバランスは良くなりますし、掃除もしやすくなるというメリットがあると思います。素材でいうと、今は木製のブラインドが人気ですね」【画像2】稲垣さんおすすめのブラインドコーディネートテクニックは「木製ブラインドの前に、ふわっとしたオーガンジーのようなレースカーテンを取り付けること」。ナチュラルなテイストがとても素敵だ(写真提供/立川ブラインド工業)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会