ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

かりかりポテトに濃厚な仔牛肉のソースを絡めて / フォンデュだけじゃないスイスグルメ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイス料理といえば、どんな料理を思い浮かべますか? たとえばチーズフォンデュは有名ですが、ほかにも意外と知られていない絶品グルメが、この国には数しれず…。ドイツやフランス、イタリアなどのグルメ大国に囲まれたスイスで、とっておきのお料理を楽しみましょう。

・約70年前に考案されたチューリッヒの郷土料理
今回ご紹介するのは、日本からの玄関口でもあるチューリッヒ(Zürich)の郷土料理「ツーリッヒャー・ゲシュネッツェルテス」(Zürcher Geschnetzeltes/Züri-Gschnätzlets)という、薄切りの仔牛肉が入ったクリーム煮込み。

名前の頭に“ツーリッヒャー(チューリッヒ風)”と付くのは、19世紀頃にスイスの山岳地域で食べられた牛肉料理をもとにしているからです。

当時の料理本では「薄切り肉を生クリームと白ワインで煮込む」と記されていますが、ここまでシンプルなレシピは、現在あまり見かけません。仔牛肉をモツで代用したり、じっくりソテーした玉葱やキノコなどをソースに加えたりと、その味わいには各レストランの独自のアイディアが光ります。



・スイスのドイツ語圏で大人気のポテト料理とともに
「ツーリッヒャー・ゲシュネッツェルテス」の付け合わせは、ポテトのパンケーキ「レシュティ(Rösti)」が主流。スイスの山岳地域にあるレストランでは、チーズや目玉焼きをのせてメイン料理として食べられる「レシュティ」、まさに主役級の一品です。

香ばしく炒めた細切りポテトをパンケーキのような形に焼きあげたレシュティと、仔牛肉たっぷりのクリームソースを絡めていただきましょう。濃厚な味わいなので、フルボディの赤ワインを合わせるのがおすすめです。

スイス料理のレストランではおなじみの「ツーリッヒャー・ゲシュネッツェルテス」。チューリッヒへ訪れたら、ぜひ味わってみてくださいね。



もっと詳しく読む: かりかりポテトに濃厚な仔牛肉のソースを絡めて / フォンデュだけじゃないスイスグルメ(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/09/10/zurcherfeschnetzeltes/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP