ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

UFO投法の元広島・山内泰幸「『UFO』は歌ったことない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球界には、常識を覆すようなフォームで活躍する選手が定期的に現われる。それらは奇をてらったものではなく、プロの世界を生き抜くために試行錯誤し、辿り着いたものである。1995年から2002年まで広島で活躍した山内泰幸の投げ方は「UFO投法」と呼ばれた。通算成績45勝44敗1S、防御率4.40の山内氏が語る。

 * * *
 ピンク・レディーの名曲『UFO』の振り付けに似ていることから、『UFO投法』と名付けられたのはプロデビュー直後ですが、あのフォームになったのは大学(日本体育大学)時代。

 それまではもう少し右肘の位置が低くて、トルネード投法のように上体を捻っていました。ちょうど野茂英雄さんがプロデビューした頃でしたが、野茂さんの真似をしたのではなく、投げやすい形だったんです。

 ところが大学入学後、監督から「捻らなくても力が出せる」と言われてフォーム改善に着手。打者のタイミングを外せるようなフォームを探していたところ、UFO投法に行き着いたのです。

 左足を上げて投球モーションに入る時、球速を上げるために右肘を肩の高さまで上げてから投げていたのですが、右手だけを上げたら握りが打者に丸見えになる。そこで左手のグローブで隠しながら上げ、打者のタイミングを外すためにそこで一時停止。「UFO」のタイミングですね(笑)。

 足を上げた後は普通の投げ方と同じ。大学時代に同級生から「変わっている」と言われるまで、自分が他人と違うとは思っていなかった。周囲からは肘に負担がかかると心配されましたが、このフォームで結果が出ました。大学通算31勝を挙げ、48回3分の2イニング連続無失点記録(その後、菅野智之が東海大学時代に更新)もマーク。このフォームでなければ並以下の投手だったと思います。

 ドラフトでは広島を逆指名して入団しましたが、大学での実績もあったのでスカウトからは「フォームを修正しない」という条件を提示されました。プロでは1年目から結果が出た。初登板で勝利すると、オールスターにも出場。14勝を挙げ新人王も獲得しました。

 デビューから数年間は通用しましたが、やがてタイミングを合わされるようになりました。プロの打者は凄いですよ(笑)。長く現役を続けられなかった理由はそこにあると思います。

 UFO投法というネーミングは、当初は「未確認物体」みたいで、ちょっと嫌でしたが、今となってはよかったと思っています。引退後も広島の地元テレビ局のスポーツ番組で『UFO投法抽選会』と題して、あのフォームでハガキの抽選をするコーナーもいただきましたから(笑)。やはり普通じゃなかったんでしょうね。

 私のフォームは別として、それぞれに投げやすい形があるので、コーチ時代(2003~2014年まで広島の投手コーチ)も選手にフォーム矯正はしませんでした。でも、特殊なフォームを教えるようなことはなかったですね。

 カラオケで『UFO』ですか? 歌ったことはありません(笑)。

※週刊ポスト2016年9月16・23日号

【関連記事】
タコ踊り、マサカリ、背面投げ… 昭和の変則投法7選
「ノーテイクバック投法」球児 将来の目標は消防士
杉下茂氏「本物のフォーク投げたのは村田、野茂、佐々木」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP