ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ツイッター画像診断の高須院長 欠点指摘しないのはヤブ医者

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、高須院長がハマりにハマっているツイッターについてうかがいました。

 * * *
──なんだか今までにも増してツイッターでの投稿が増えていますね。

高須:もう完全にツイ廃老人だよ(笑い)。空いている時間は、ツイッターをしているか、ポケモンGOをしているかだね。ずっとスマホと向き合ってる。

──特に最近はほかのツイッターユーザーからの投稿にリプライすることが増えたように思います。

高須:せっかく話しかけてきてくれてるんだから、こっちも頑張って返事しないと。

──「高須院長、忙しそうなのに、わざわざ返信してえらいなあ…」なんていう声も聞こえてきますが…。

高須:いやいやむしろ逆だよ。ツイッターほど楽しいものはない。普通に生きてても会話できないような人々と話せるし、なにより好きなことを好きなだけ言い放題できるんだからね(笑い)。

──炎上の可能性なんかもあるとは思うんですが、どうですか?

高須:なんか、わけのわからないことを言ってくる人もいるけどね。まあそのへんは気にならないかな。むしろフォロワーが増えてくれて嬉しいかも(笑い)。

──最近は、芸能人の顔写真を送ってきて「どこを整形しますか?」と質問してくる人が多いですよね。

高須:アイドルとか女優とかの写真だよね。でも、申し訳ないけど、芸能人にそこまで詳しくないから、予備知識もなく本当に写真を見て思ったままを答えてるだけなんだよ。「そのままでもいいけど、ここがちょっと気になるな。整形するんだったらこの部分かな?」って感じでね。

──完全に画像診断ですね。

高須:そう。全部本当に診断。だってさあ、本当のことを言わないお医者さんなんて信用できないでしょ。たとえば、人間ドックの検査結果で何か故障やら欠陥があるっていうのに、それを指摘しない医者は完全にヤブ医者だよね。医者としては完全に失格。真面目な医者ほど、歯に衣着せない意見を言うんだよ。患者さんにゴマをすって、おべっかを使うなんてもってのほか。だから、僕は思ったままを言う。

──なるほど、確かに本当のことが知りたくて、診察を受けるわけですからね。

高須:患者さんは助けを求めに来ているんだからね。医者はそんな患者さんに希望を与えるのが仕事。嘘をついたら希望は与えられないよ。

──しかし、ネット上では高須院長の「画像診断」に納得いかない人も多いようで…。

高須:「どうだ! 最高の美人だろ!」って自信満々で送ってくる人もいるから、僕が診断したらショックを受けちゃうみたい(笑い)。

──なかには「テレビ番組でタレントに直接言えばいいじゃないか!」っていう意見もありますよね。

高須:いやあ、それはありえないと思う。僕もたまにテレビに出してもらうけど、立場的にはスポンサーだから。広告費を出して番組をサポートするのが僕の役目。タレントさんにはその番組で大活躍してほしいと思ってるんだから、わざわざ番組に出て、診断を求めてもいないタレントさんに「ここを治すべきだ!」なんてことは言わないよ。そんなことでタレントさんに恥をかかせたくないもん。でも、向こうから診断してくださいって言われれば別だよ。それなら喜んで診断する。

──『ダウンタウンDX』で加藤紗里さんの豊胸疑惑を検証したこともありましたね。

高須:そうそう。本人が触診して確かめてくれっていうから、触診して「本物です」と言ったまで。別に僕の方から確かめさせてくれと言ったわけではない。あくまでも求められるものに応えているだけだし、彼女も喜んでくれたと思うよ。

 ただやっぱり、医者の義務だと思って見解を述べているだけなのに、それに対して第三者が悪口だと思ってあれこれ言うのは、確かにちょっと残念だよなあ。そこはもうちょっと理解してほしいけど、まあでも、それも含めてネットなのかな…。あんまり気にしすぎて言いたいことが言えなくなるのも違うしね。今までどおり好き勝手楽しむしかないな(笑い)。

 * * *
 とにかくツイッターを楽しみまくっている高須院長。しかも、ツイッター上での“画像診断”は完全無料なので、気になっている人はアドバイスを求めてみるのもいいかも?

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。

【関連記事】
高須クリニック院長解説 美バスト&安全豊胸術学ぶセミナー
高須克弥院長 「明日ママ」のCM自粛は制作者にとっても屈辱
世界をうならせたツイッター創始者、ナイキ創業者の敗者復活

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP