ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安倍昭恵氏 SMAP解散に「好きな曲は選べない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの解散とともに放送終了が決まった『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)。芸能人の間でもショックは広がっている。例えばピーコ(71才)。声をつまらせながらこんな胸中を明かす。

「こうやって私がテレビに出ていられるのも『スマスマ』のおかげ。(番組内で)中居くんが『ヒーコ』(ピーコのパロディーコントキャラクター)をやってくれたでしょ。それをきっかけに番組に呼んでくれた。『スマスマ』はお化け番組で、若い人からお年寄りまで見ているから、どの年代のかたもヒーコで知ったピーコになった。(メンバー同士が)本当に和気あいあいと仲よくやっていた番組でした」

 中居正広(44才)の名司会ぶりが発揮されているスマスマの名物コーナー「BISTRO SMAP」は、第1回のゲスト・大原麗子をはじめ、国内外、ニュースなゲストが相次いだ。例えば1999年、総理になる直前の小泉純一郎元首相(74才)が来店。

「『夜空ノムコウ』がヒットしてる、なっ。でもあれよりもぼくは『君は君だよ』が好き」

 そう話す父を、当時まだ大学2年生だった次男の進次郎衆議院議員(35才)は、スタジオの隅から見守っていたという。彼もまたSMAPのファンだったのだ。

 この1月、SMAPの解散回避報道の後行われた国会で、「存続するのはよかった」とコメントした安倍晋三首相(61才)も2005年、自民党幹事長代理時代に来店している。好きな曲は『夜空ノムコウ』と『セロリ』。出演理由は、「家内がものすごいファンで、どうしても見学に行きたいっていう」から、と明かしていた。“家内”の昭恵夫人(54才)に、SMAPの解散について話を聞いた。

「25年。1つのグループが長く続くというのは奇跡的なことで、第一線で活躍してというのは、本当にすごいこと。できればもう少し続けていただきたいけれど…それぞれの考え、判断なので、これからもみなさん活躍していってほしいです。『夜空ノムコウ』や『世界に一つだけの花』とか、本当にいい歌をたくさん歌ってこられた。好きな曲は…選べません」

 12月31日の解散まで4か月をきった。それでもまだ『世界に一つだけの花』は売れ続けている。

 2003年にリリースされ、草なぎ剛(42才)主演のドラマ『僕の生きる道』(フジテレビ系)の主題歌ともなったこの曲を書き下ろしたのは槇原敬之(47才)。1999年8月、覚せい剤所持の現行犯で逮捕された槇原は、かつてこんな思いを語っている。

「ぼくが歌っていたら、こんなに売れなかったと思います。ぼくはいろいろあったし、偏見という目を感じるときだったと思うんですけど」

 奇しくも、小泉氏が聖域なき構造改革を打ち出し、規制緩和で日本は厳しい競争社会となっていた。槇原自身もそんな社会の流れをひしひしと感じていたという。

「周りで“○○の奧さんがエルメスを着ているから、私もエルメスを着なくちゃ”とか、No.1より、オンリーワンでない考え方が蔓延していて、痛々しく思っていたんですね。そういう人たちに育てられちゃうと、子供も絶対そうなるわけで。そういう子供が未来をつくっていくのなら、“そんな未来は嫌だ”と正直、思った」(槇原)

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
SAPIO大好評連載・業田良家氏4コママンガ 「謝罪会見」
石破茂氏 解散決定時に国会内で使用制限の携帯メールしてた
中居正広 事務所の派閥超えた奇跡の共演曲を選んだワケ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP