ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

睡眠時の豆電球は肥満のもと 灯ほしければフットライトで

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 まだまだ寝苦しい夜が続いているが、睡眠不足は健康・美容の大敵! 眠るときにはどんなことに配慮したらよいのだろうか? カテゴリー別にご紹介しよう。

【寝具】
ポイント:寝返りを打ちやすいものを選ぶ

 背中が蒸れると眠れない。寝返りを打つことも大切だ。それには寝具選びもポイントになる。スリープクリニック調布の遠藤拓郎院長はこう解説する。

「敷き布団は硬めにしましょう。敷き布団が柔らかいと体が沈み、枕の高さが合っていないと寝返りが打ちにくくなります」

【寝間着】
ポイント:ジャージーはNG

『脳が若返る快眠の技術』(KADOKAWA刊)著者で、快眠セラピストの三橋美穂さんはこう語る。

「ジャージーは、布が厚いので動きにくい。つまり、寝返りが打ちにくいんです。また運動時に適している服なので、締めつけがきつい場合が多い。すると血流が悪くなってしまって、リラックスできなくなります。ゆったりした大きさのパジャマがおすすめです。ブラジャーも締めつけるので、寝るときは外しましょう」

【布団】
ポイント:掛け布団は横向きで手足を冷やす

 頭寒足熱という通り、頭を冷やして、足を温めると健康に良い。

「夏は睡眠中に体温を下げる必要があるから、手足を掛け布団の外に出したほうがいいんです。だから布団を横向きに掛けてください。すると、手足が外に出ます。寝返りを打っても、横に長いので、布団がはがれません。お腹を冷やしてはいけないので、一石二鳥です」(遠藤さん)

【部屋】
ポイント:豆電球は肥満のもと!?

 真っ暗な部屋では寝られず、豆電球をつけて寝る人がいるが、これには大きな注意点がある。

「目をつぶっていても、光は脳に届きます。すると、メラトニンの分泌が少なくなってしまい、眠りが浅くなって、食欲も出てきてしまうんです。豆電球をつけたいなら、足下を照らしてくれるフットライトにしましょう」(三橋さん)

【寝つき】
ポイント:眠くないときは無理して寝ない

 次の日、大切な用事があった場合など、緊張して眠れずに、眠くなるまでずっとベッドで目を閉じていた経験はないだろうか。これは体によくない。

「眠たくないのに無理して寝ようとすると、ベッドは眠れない場所と脳がインプットしてしまいます。眠れなかったら、布団から出て、薄暗い照明で、本を読んだり、ラジオを聴いたりして、ゆったり過ごしてください」(三橋さん)

※女性セブン2016年9月22日号

【関連記事】
枕が合わないと肩こり、頭痛、骨粗鬆症、うつ病などの原因に
1日最低4時間半寝れば充分リフレッシュ可能 寝だめは不可能
40代男性の睡眠は6時間半強 呼吸、光、寝返りが重要と医師

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP