ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

材料4つ!卵ボーロは自分で作れる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

懐かしくて優しい味の卵ボーロ。ほんのり甘い、お子さんのおやつの定番ですね。実はこの卵ボーロ、自分で作れます。

卵ボーロの作り方

 材料は4つだけです。だいたいのご家庭に、いつも家にあるものだけでできます。作業時間は20分ほどです。

材料

卵黄 1個分

砂糖(てんさい糖) 大さじ1(赤ちゃんは半分量)

牛乳 大さじ3

片栗粉 80g※1

作り方

1. 卵を白身と黄身に分けます。黄身だけ使います。

2. 卵に砂糖を加えて、泡立て器でなめらかなクリーム状になるまでよく混ぜます。

3. 片栗粉を加えて、ヘラで混ぜます。

4. 牛乳を少しずつ加え、生地をまとめます。※1

5. 生地を直径1cmくらいの棒状にし、スケッパーで5mmずつくらいに切って丸めます。(大きさはお好みで)

6. 180度に温めたオーブンで約15分焼きます。※3

※1 材料の片栗粉80gを、片栗粉70gときなこ10gに代えるときなこボーロもできます。

※2 牛乳の量は生地の状態で加減してください。

※3 焼き加減が機種によって違うことがあります。火が通りすぎると固くなり、火が通っていないと弾力が出ます。赤ちゃんに与える時は特に注意してください。

 市販のボーロに比べると、多少いびつかもしれません。けれど、手作りだと添加物も入らないし、甘味も調整できるので安心です。小さなお子さんのおやつにいかがでしょうか。

(写真は筆者撮影)

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 廉) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。