ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カニと一緒に味わいたい!グルメ通が唸る但馬の美食材を満喫【兵庫】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

兵庫県・香住を旅するなら絶対食べたい名物『香住ガニ』♪今年もひと足お先に9月1日に香住ガニが解禁!

関西では香住漁港でのみ水揚げされるカニなんです!ズワイガニよりも手頃な価格で味わえる香住ガニなら、但馬牛やノドグロなど但馬自慢の食材と一緒に楽しめるのが魅力。

焼きガニ、カニ刺し、茹でガニ、カニ鍋…カニのフルコースが堪能できます。香住のグルメと一緒に地酒も♪グルメ通がこぞって押し寄せる、秋の美食旅へ行きませんか?

但馬牛

心もとろける脂、美しいサシに感動。

全国のブランド牛の素牛である但馬牛。融点が低くまろやかな口当たりの脂、肉の旨みをストレートに感じる赤身はぜひ味わいたい。

写真/いわや TEL:0796-37-0508

アワビ

「活」で楽しみたいコリぷり食感

アワビ独特のコリコリ食感と、肉厚だからこその弾けるぷりぷり食感。生の踊り焼き、活アワビしゃぶしゃぶ、バター焼きなどで。

写真/荒神の宿 三宝 TEL:0796-36-3545

地エビ

香ばしさピカイチ!甲殻類好き必見。

春や初夏、秋は地物のエビも但馬ならでは。炭火や陶板で焼けば、たまらない香りとともに甘みたっぷりのほくほくとした身が現れる。

写真/元セリ人の宿 味と游ぶ 夕庵 TEL:0796-37-0229

ノドグロ

脂のりにのってます、別名「白身のトロ」。

「キス場のノド」として有名な香住のノドグロ。白身ながら脂のりが良く、造り、塩焼き、煮付けと、どんな料理にしてもその旨さを楽しめる。

写真/こころのお宿 庵月(あんづき)TEL:0796-39-1515

地魚

「旬」を喰らう、これぞ港町の醍醐味。

港町の楽しみのひとつは旬の地魚。香住の秋の底引き網漁ではハタハタやカレイ、ニギスなどが揚がる。造りで、煮付けで、焼きで、旬の贅沢を。

写真/民宿 一(かず)TEL:0796-20-5959

※この記事は2016年8月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

限界にチャレンジ!道の駅の詰め放題3選【関西・中国・四国】
この秋行きたい!参加無料の航空ショー&飛行機イベント【九州】
深まる秋の趣溢れる兵庫をしっぽり味わう、11月旅行おすすめ20選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP